• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

石油価格上昇コストの「公平」な負担とは

「価格に転嫁」「賃金は上げない」が「分配率に中立」な考え方

2011年3月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 中東の政治情勢が緊迫する中で、石油価格が上昇している。石油価格の国際指標であるニューヨークWTI(West Texas Intermediate)の先物価格は、3月2日にはバレル当たり100ドルを越えた。2年4カ月ぶりの高値である。今後、史上最高値(147ドル)に達するという見通しもある。日本は原油輸入の87%を中東に依存している(2010年)だけにその影響も甚大である。

 石油価格の上昇は日本経済にとってのマイナス要因であることは間違いない。これは経済的には「交易条件が悪化することによって、日本経済に悪影響が現われる」ということである。交易条件というのは、輸出価格と輸入価格の比率(輸入価格が分母)である。この比率が上昇することを「交易条件が好転する」と言い、逆の場合を「交易条件が悪化する」ということからも、交易条件の上昇は経済的にプラス、低下はマイナスであることが分かる。石油価格が上昇すると、分母が大きくなるのだから交易条件は低下し(悪化し)経済にマイナスの影響が及ぶということである。

 ここまでは極めて常識的な話だ。ここから一歩進めて考えてみよう。

簡単な数値例で考える石油価格上昇の影響

 最初に、お断りしておきたいことがある。
 石油価格の上昇が日本経済にどのような影響を及ぼすかということは、二つに分けて考えることができる。一つは「石油価格がどの程度上昇し、それがどの程度続くのか」ということであり、もう一つは「石油価格が上昇したらその影響が経済にどう波及するか」ということだ。以下本論で主に取り上げるのは後者についてである。

 前者が重要であることは当然である。石油価格の上昇幅が大きいほど、そしてそれが長く続くほど経済的な負の影響は大きい。しかし問題は、それを見通すことは難しいということだ。私自身は中東問題、石油問題の専門家ではないので、この点には答えられない。「専門家に聞いてください」としか言えないのだが、私は、専門家でも将来を見通すことは難しいと思っている。

 「何も言わないのは無責任だから何か言え」と強いられれば、私の判断としては、「石油価格は一時的にかなり上昇するだろうが、それはそれほど長くは続かない。したがって、日本の景気の後退要因となるほどのインパクトはない」と思っている。中東諸国が意図的に価格を引き上げているわけではなく、政治的混乱が収まれば、各国とも輸出を増やして収入を確保したいと考えているはずだと思うからだ。ただし、この私の考えはあまり当てにならない。

 以下、後者の「石油価格が上がったらどうなるか」ということを取り上げるが、これについてはかなりの議論の蓄積がある。

 議論を分かりやすくするために、簡単な数値例を使おう(表参照)。
 日本には企業が1社しかなく、この企業の売り上げは100万円。この企業が仕入れる原材料は海外から輸入する20万円の石油だけ。付加価値は80万円でこれを賃金と収益で半分ずつ分け合っているとする。分配率は50%である(局面1)。

 ここで、石油の値段が2倍になったとする。売り上げの100万円、賃金の40万円は不変なので、収益は20万円に減少する(局面2)。

 困った企業はコストアップ分を値上げする。売り上げは120万円に増えて、収益は再び40万円に戻る。この時物価が20%上昇するので、実質賃金は20%低下する(局面3)。

 さらに、物価が上がった分賃金を引き上げると、その分だけ再び収益が減る(局面4)。
 企業が収益を元に戻そうとすると、再び物価が7%上昇する(局面5)。

 もちろんこれは非常に簡単な数値例で、「コストは価格に全て転嫁できる」「価格を上げても売り上げは減らない」などの仮定を置いているから、穴を探そうとすればいくらでもあるのだが、基本的なメカニズムを知るにはこれで十分だ。ここから分かる主な結論は次の通りである。

表 石油価格上昇の影響(数値例、単位:万円)
  石油 賃金 収益 売り上げ 物価上昇率 分配率
局面1 20 40 40 100 0% 50%
局面2 40 40 20 100 0% 67%
局面3 40 40 40 120 20% 50%
局面4 40 48 32 120 0% 60%
局面5 40 48 40 128 7% 55%

コメント1

「小峰隆夫のワンクラス上の日本経済論」のバックナンバー

一覧

「石油価格上昇コストの「公平」な負担とは」の著者

小峰 隆夫

小峰 隆夫(こみね・たかお)

法政大学大学院政策創造研究科教授

日本経済研究センター理事・研究顧問。1947年生まれ。69年東京大学経済学部卒業、同年経済企画庁入庁。2003年から同大学に移り、08年4月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長