• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「ユーロ高」と「欧州統合」が進む

“強い国”ドイツは共同債に反対だが

  • 宿輪 純一

バックナンバー

2011年4月13日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ECB(European Central Bank:欧州中央銀行)は4月7日、中央銀行が民間銀行へ貸し出しする際に使用する政策金利を過去最低の1.0%から0.25%引き上げて1.25%にすることを決定した。2008年の金融危機の後、日米欧の先進国では初の利上げである。物価の上昇を防ぐ狙いである。以前、解説した通り、ECBは特に「物価の安定」を使命としている。

金利上昇に伴い、ユーロ高が続く傾向

 この金利の引き上げは、前回解説したように、為替相場に影響を与える。今年に入ってからのユーロの上昇は著しい。円高局面を迎えていた日本円に対しても上昇した。

 ECBのトリシェ総裁は、記者会見において「追加利上げの可能性に含みをもたせた」とされている。今後も金利が上昇する可能性がある。記者会見の後、ユーロは、利食いのためにいったん売りに押されたが、今は買い戻されている。今後、日本円の金利が上がる可能性が低いだけにユーロ高の状況が続く可能性がある。

ユーロの信用

 投資を考える場合、“利回り(金利)”も大事であるが、“信用”も大事である。ここで、ユーロを構成している17カ国を見てみよう。順番はGDPの規模による。

(表)ユーロ構成国の主要情報(グレーの部分はPIGS)
国名 GDP
(兆ドル)
GDP
比率
GDP
成長率
人口
(万人)
格付
(S&P)
ドイツ 33.1 27.40% 3.30% 8160.3 AAA
フランス 25.6 21.20% 1.60% 6295.5 AAA
イタリア 20.4 16.90% 1.00% 6020.6 A+
スペイン 13.7 11.40% -0.30% 4601.8 AA
オランダ 7.7 6.40% 1.80% 1659.5 AAA
ベルギー 4.6 3.80% 1.60% 1083 BB-
オーストリア 3.7 3.00% 1.60% 837.7 AAA
ギリシャ 3.1 2.50% -4.00% 1118.7 BB-
フィンランド 2.3 1.90% 2.40% 537.8 AAA
ポルトガル 2.2 1.90% 1.10% 1063.7 BBB-
アイルランド 2 1.70% -0.30% 447.3 BBB+
スロバキア 0.9 0.70% 4.10% 542.3 A+
ルクセンブルグ 0.5 0.40% 3.00% 50.2 AAA
スロベニア 0.5 0.40% 0.80% 201.8 AA
キプロス 0.2 0.20% 0.40% 82.1 A-
エストニア 0.2 0.20% 1.80% 133.3 A
マルタ 0.1 0.10% 1.70% 42 A

(出典)日本経済新聞などより筆者作成

 現在の欧州経済の特徴、中でもユーロ圏経済の特徴は“二極化”していることである。一方はドイツなどの“強い”国。こちらはGDP成長率(経済成長率)が高い。もう一方は「PIGS(ポルトガル、アイルランド、ギリシャ、スペイン)」と揶揄される国々に代表される“弱い”国である。

コメント0

「宿輪先生の通貨のすべて」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長