• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

子供を持つことに不安はありません

  • 石田 純一

バックナンバー

2011年5月23日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

石田・純一(いしだ・じゅんいち)
1954年1月、東京生まれ。57歳。早稲田大学在学中に米国留学を経て25歳で俳優デビュー。88年の『抱きしめたい!』をはじめ、バブル期に数々のトレンディドラマで活躍。2009年12月にプロゴルファーの東尾理子さんと結婚。近著に脳科学者である茂木健一郎さんとの対談をまとめた『茂木先生が石田純一の「幸福脳」を解剖したら』がある。日経マネーで自らの運用と家計に関するエッセイ「風が吹いたら掛け金を積もう」を連載中。
オフィシャルブログNo socks J life

 報道によれば、東日本大震災の後に結婚相談や婚約指輪の売り上げが増加しているそうです。現実や将来の不安を、家族や人と人とのつながりによって克服していきたいという人が増えているのかもしれません。こうした変化で、少子化の問題も少しは改善されるかもしれません。

 僕の今年の目標は卯年生まれの子供をつくることです。卯年は新しいことを始めたり、生み出すのに最適な年といわれるからです。原発騒動や経済的な不安から子供をもつことを躊躇する人が増えているかもしれませんが、今の社会は僕らが子供のころに比べたらずっと豊かですし、そもそも子供には育つ力がある。

 50代で子供をつくることについても、僕自身は心配していません。先のことは悩まず、マイナスの要因を克服して、勝つ要素を増やすことにエネルギーを注ぐタイプなんです。


領収書やレシートは財布に入れない

 現に今も、年齢に負けない体力づくりに励んでいます。毎朝必ず野菜ジュースを飲みます。小松菜とリンゴにニンジンを少し加えたもので、理子も大好きです。走ることも毎朝欠かしません

 もちろん蓄えは大切。理子にすすめられて将来の子供のための貯
金を始めました。ただ、おカネは追いかけ過ぎると逃げていくもの。おカネが寄ってくる仕組み作りに意識を傾けています。

コメント0

「石田純一の「お金の口説き方」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「昔、SOMPOは保険会社だったらしい」と言われたい。

桜田 謙悟 SOMPOホールディングス グループCEO社長