• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「政治の倫理化ということは、わたくしの多年、提唱してきたことであります」

最終話 「公共の思想」の源流になった横井小楠の大経綸

  • 山岡 淳一郎

バックナンバー

2011年6月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 菅首相の退陣宣言で、内閣不信任案は否決され、民主党はひとまず分裂の危機を回避した。

 猫の首に鈴をつけたのは、国民新党の亀井党首だったようだ。2日の午前中、官邸に首相を訪ねた亀井氏は「混乱を長引かせるわけにはいかないので、当面の原発対応などが終わった後で、退陣する腹を固めるべきだ」と迫ったという。

 いかにも亀井氏らしいな、と思う。世間では、支持率0%台の国民新党の党首を、旧世代の権化のように嫌う人もいるが、動くときは動く。自民党時代には裏社会とのつながりや、建設利権なども取り沙汰されたが、政局の切りまわしにかけては独特の手腕を発揮した。「自社さ」政権樹立の陰に亀井あり、「自自連立」の裏に亀井あり。現在の政界で、菅氏と小沢一郎氏の間に立てるのは亀井氏くらいのものだろう。

 ここから先は、想像だが、亀井氏は菅首相に内閣不信任案が可決される可能性が高いことを、諄々と諭したのではないか。そうなったら解散・総選挙は絶対にできない。被災地の状況からして、選挙は禁じ手だ。この段階で国民に信を問えば、民主党は木端微塵に砕けちる。誰もが、そう思って、菅氏に進言はしていただろうが、菅氏は突っぱねていた。しかし、さすがの菅氏も土壇場にきて腹をくくった。

 政局で重要なのは、「何を言うか」ではなく、「誰が言うか」なのかもしれない。

 それにしても、「強い経済、強い財政、強い社会保障」「最小不幸社会の実現」「不条理をただす政治」「平成の開国」「熟議の国会」……首相就任以来、菅氏が発した言葉を並べてみて、こみあげてくる虚しさは何だろう。どのセリフも手ごたえが弱い。きっと借り物だからだろう。愚直でも、伝わってくる言葉を国民は欲している。

 政治家が上滑りな言葉でしか語れないのは、頭に「公」を背負う思想的な基盤がないからだろう。永田町の狭い社会の私欲のせめぎ合いの中で生きてきた彼らには、多様な人間の集まりを治める「公」の発想が乏しい。霞が関と大手町、築地周辺の官・財・報、そして頭を押さえつけられているアメリカの顔見知りのなかで政治を動かせると錯覚している。社会経験が乏しいまま政治家になっているので世間が狭い。そういう政治家ばかりを選んでいる私たちにも責任はある。

新政府の要人、安場保和との運命的な出会い

 「パブリック」の訳語としての公は、万人に見られ、開かれ、評価される共通の対象をさす。古代ギリシャの都市生活の中心「アゴラ(広場)」は、その典型だ。

 かたや日本の「公(おおやけ)」は、庶民の「小家(こやけ)」に対して皇室を「大家(おおやけ)」と呼んだことに由来するとされ、下の者が上の者に奉仕する傾向が強いといわれる。とはいえ日本の農山漁村では、伝統的に資源の枯渇を防ぐ「入会」も機能した。人々は、一定地域の森林、原野や漁場を公平な共通ルールで末永く、安定的に利用しようとした。「お互いさま」の公共観は洋の東西を問わず、普遍的なものといえるだろう。

*  *  *  *  *

 後藤新平が、関東大震災後の復興計画を敵対する勢力に切り刻まれながら、後世に仕事を残せたのは「公共の思想」を抱いていたからに他ならない。人間の群れが生きつづけるために必要な「公」の発光体を持っていた。それは、人と出会い、齢を重ね、試行錯誤をくり返しながら彫琢されたものだ。荒々しい大理石の塊が、ノミと槌で穿たれ、削られて彫像に昇華するように後藤の「公共の思想」は練りあげられていった。

 後藤新平は、1857年、岩手水沢の中級武士の家に生まれている。維新の動乱で、東北地方は「朝敵」と蔑まれ、薩長を中心とする新政府軍に制圧された。後藤家は水呑み百姓同然の境遇へと落ちぶれた。そのなかで新平少年は書物を耽読し、才気煥発の相を顕わす。

 はしっこい新平に、真っ先に目を付けたのは東北を「占領」した新政府の要人、安場保和(1835~1899)だった。安場は、熊本藩出身の行政官で江戸城の引渡しに立ち会ったのち水沢地方に副県知事格で赴任した人物だ。

 安場との出会いは運命的だった。歴史に「もしも」は禁句だが、安場と出会っていなかったら、後藤は「白河以北一山百文」といわれた辺境に埋もれていたかもしれない。

 安場は新平を邸に置いて「放任主義」で数カ月ようすを見たあと、側近の書記官に「この子の性を変えないで、本然のまま育て上げてもらいたい」と預けた。下手にいじるな、気は荒くてもあるがままに育ててくれ、と託したのだ。

コメント7

「後藤新平と震災復興の4カ月 その可能性と限界」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長