• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「輸出企業優遇」の先にある危機

強者への集中が「脆さ」を招く

  • 萱野 稔人

バックナンバー

2011年6月15日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回のコラムでは、日本の電力供給システムについて、長期的視点に立った見直しが必要だと述べた。そこで問題となったのは、「集中」と「統合」によって電力の安定供給を目指してきた垂直統合型システムの、思わぬ「脆弱さ」だ。この「脆弱さ」を克服するためには「強さ」の再定義が不可欠である。平時における安定性や効率性だけが「強さ」なのではない。非常時における耐性をも含んだかたちで「強さ」を考えなくてはならないのである。

なぜ輸出産業の町が衰退するのか

 実は同じことは日本の経済政策全体についても当てはまる。これまで日本は輸出主導によって経済成長を達成することを経済政策の軸に置いてきた。この点では小泉政権も管政権も変わらない。まさにグローバル市場で他国をおさえ、輸出を伸ばすことが日本経済の「強さ」だと考えられてきたのだ。

 こうした発想のもとでは、経済政策もいきおい、輸出に強い産業や企業がより有利にグローバル競争を戦えるような環境を整備することばかりを重視することになる。たとえば、国内の産業構造を輸出に強い産業に偏った形にしたり、輸出企業がコストカットしやすいように労働市場を規制緩和したりする、というような政策を繰り返すわけである。

 これはまさに「垂直統合型」の産業構造を国全体として作ることにほかならない。実際、そこでは様々な社会的資源が特定の産業へ「集中」していき、「統合」されているからだ。

 しかし、こうした垂直統合型の産業構造は、必ずしも「強い」とはいえない。

 最大の問題は、国内経済をやせ細らせる危険性を秘めていることだ。たとえば、労働市場の規制緩和によって、輸出企業の人件費カットが容易になれば、国民の購買力は低下し、内需は縮小していくことになる。国内市場が拡大する期待は萎んでしまい、企業はますます輸出志向を強めていくことになる。そのことは、さらなる国内市場の低迷をもたらすことになる。そして、輸出依存の産業構造がさらに強まっていく…。こうして、輸出依存と国内経済の脆弱化という悪循環に陥ってしまう。

 東日本大震災からの復興において私たちが直面していることも、同じ問題にほかならない。東日本大震災の津波によって被災した三陸地方は、あわびなどの海産物の生産で世界屈指の競争力を持っていた。香港などの富裕層は三陸産の高級海産物に喜んで大金をはたいたものだ。しかし一方で、三陸は現役世代の人口流出と高齢化に悩んでもいた。

 なぜ高付加価値を獲得できるような国際競争力を持った産業があるのに、三陸地域から人々が去っていくのか。それは、外に産業がなくなってしまったからだ。国際競争力のある産業へと地域経済の構造が「特化」されていった結果、地域経済はやせ細り、地域の人びとの生活を支える規模が保てないのである。

コメント12件コメント/レビュー

韓国と日本の輸出依存度の比較が載っていました。常に経済問題を扱っている人々にとっては、輸出依存度が何%であるか?をそらんじているのでしょう。日本は韓国の3分の1と書かれてあっても、韓国の数値があれば分かるが、Xの3分の1とあっては計算できない。他で調べれば良いでしょう、と反論されれば、別のソフトを立ち上げて検索することになる。財界が輸出産業の幹部で占められているから、政治的にも輸出重視になったのだろう。私にはどう頑張っても日本の立ち直りは不可能だと思う。(2011/06/17)

「哲学者・萱野稔人の超マクロ経済論」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

韓国と日本の輸出依存度の比較が載っていました。常に経済問題を扱っている人々にとっては、輸出依存度が何%であるか?をそらんじているのでしょう。日本は韓国の3分の1と書かれてあっても、韓国の数値があれば分かるが、Xの3分の1とあっては計算できない。他で調べれば良いでしょう、と反論されれば、別のソフトを立ち上げて検索することになる。財界が輸出産業の幹部で占められているから、政治的にも輸出重視になったのだろう。私にはどう頑張っても日本の立ち直りは不可能だと思う。(2011/06/17)

「国内の産業構造を輸出に強い産業に偏った形」とありますが、最低、輸入資源分の外貨は輸出で稼がなくてはいけません。それ以上は稼ぐ必要無しとも言えますが、その分、国内に仕事は無くなります。「輸出企業がコストカットしやすいように労働市場を規制緩和」は円レートが高くなり過ぎたから止む無くで、しなければ輸出企業の海外流出でしょう。三陸地方が「あわびなどの海産物」だけで食べ行ければ「現役世代の人口流出」など起こらないでしょう。「それは、外に産業がなくなってしまったから」ですか?人口流出は明治の昔からでしょうが、どんな産業があったと言うのでしょうか?まさか南部鉄瓶?その直後に「国際競争力のある産業へと地域経済の構造が特化」となっていて産業が無くなった訳ではなさそうです。こんな矛盾があっては・・・(2011/06/16)

キャッチアップの時代の流れでしょう。どの国もキャッチアップからクリエートへの転換時に停滞するものです。そのまま衰退するか盛り返すかが分かれ目ですが、日本は改善が得意で開発が不得手ですから衰退するのではないかと思っています。その原因は評論家の多さです。評論し一般大衆が受け入れやすい案件とは深く考えずに済む改善なのです。最初の開発は理解する側に労力を要求しますから、評論家の生き残りのためには楽で早い作業を選択する。だから日本発の新製品が少ないのです。アニメなどはマイナーなものほど海外で高評価を得ています。なぜなら評価しやすい改善を望むスポンサーがいないからです。日本という国が立ち直るためには国民の大衆=言い換えるなら平均より下の底辺に近い層に理解力を要求する必要があります。上の層は勝手に動きますから流されやすく数が多い下の層を変える必要があるのです。それは大衆政治家には困難なことです。独裁的な行動が必要ですが、独裁を市民が制御する必要もあるのです。非常に難しい行動ですが、放置すればドンドン劣化してゆくことは明白です。(2011/06/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長