• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「経済は成長しない」が常態だった

経済史家が実証した「成長しない資本主義」

  • 萱野 稔人

バックナンバー

2011年6月30日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 私たちにとって経済成長という現象は、経済を考えるうえでほとんど前提となっている概念だ。経済は成長するものだし、成長すべきものである、という観念はとても根強い。

 その一方で、バブル経済が崩壊して以降の日本経済はほとんど成長していない。長く続く低成長やゼロ成長の現実をまえに、日本はすでに「脱成長社会」に突入した、という議論も様々なところでなされている。

 果たして、私たちは今後も経済成長をめざすべきなのか、それとも脱成長社会に見合った経済システムを模索すべきなのか。これは非常に大きな問題であり、解答を見出すことは容易ではない。しかし、東日本大震災によって日本経済復興のための根本的な施策が必要とされている現在、決して避けることのできない問題でもあるだろう。

米国を組み込んでも世界経済は成長しなかった

 経済成長の問題を考えるにあたって、アンガス・マディソン著『経済統計で見る世界経済2000年史』は無視できない重要性をもつ(邦訳は残念ながら品切れ、出版社にはぜひ再版をお願いしたい)。この本はタイトルにもあるように、世界経済の歴史的変化を2000年という長期的なスパンで、客観的なデータにもとづいて実証している。

 それによると、紀元1世紀から19世紀初頭まで、1人当たりの所得でみた世界経済はほとんど成長していない。つまり、世界経済が「成長」といえる現象を示しはじめたのはたかだかこの200年ほどのことにすぎず、私たちが思っている以上に経済成長という現象は人類にとって新しいものなのだ。長期的な視点に立てば、経済というのは成長しないのが常態なのであり、私たちが当たり前だと思っている成長経済の方が例外なのである。

 では、何が人類社会に経済成長をもたらしたのだろうか。

 これについては、マディソンが析出した経済成長の開始時期が、15~16世紀における資本主義の成立時期と決して一致していないことに注意すべきだろう。16世紀になって新大陸アメリカが世界経済に組み込まれても、そこには変化はなかった。つまり、資本主義という経済システムそのものが経済成長をもたらしたのではない。「成長しない資本主義」というものも現実的にはあり得るのである。

コメント11件コメント/レビュー

意味不明だなぁ。さすが哲学と思われるような内容でした。そもそも、産業革命の時期と言うのは、支配する側とされる側の立場関係が劇的に変容していく時代にも重なっています。私個人の勝手な解釈ですが、個人にも富が分配されるようになった結果として、皆がそれなりにやる気を出して自らの仕事に取り組めるようになってきたのがここ200年なのだと。現在の日本に関して言えば、複雑で高度な技術開発競争の中で、常にリードを保ち外貨を稼いで来るのは、特権大好きナルシスト文系天国な日本には無理なお話でしょう。日本の経済は間違いなく後退していくでしょうね。ただ、日本が哲学が不毛なのもそのせいなんだから、このようなコラムで経済と無理にこじつけるより、哲学が不毛にするべく動いて来たマスコミをやんわり糾弾とかしながら心の持ち方入門的な方が受けたりして。(2011/07/03)

「哲学者・萱野稔人の超マクロ経済論」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

意味不明だなぁ。さすが哲学と思われるような内容でした。そもそも、産業革命の時期と言うのは、支配する側とされる側の立場関係が劇的に変容していく時代にも重なっています。私個人の勝手な解釈ですが、個人にも富が分配されるようになった結果として、皆がそれなりにやる気を出して自らの仕事に取り組めるようになってきたのがここ200年なのだと。現在の日本に関して言えば、複雑で高度な技術開発競争の中で、常にリードを保ち外貨を稼いで来るのは、特権大好きナルシスト文系天国な日本には無理なお話でしょう。日本の経済は間違いなく後退していくでしょうね。ただ、日本が哲学が不毛なのもそのせいなんだから、このようなコラムで経済と無理にこじつけるより、哲学が不毛にするべく動いて来たマスコミをやんわり糾弾とかしながら心の持ち方入門的な方が受けたりして。(2011/07/03)

連載初回からコメント欄を読み返したが、この連載に限って内容が読めていないコメントが多すぎるように思う。文章そのものに沿っていないコメントは言うに及ばないが、"強さの定義"、"垂直統合型システムと水平分散型システム"、そして"垂直統合型の逆説"を基軸に"100年の計"に関する考え方の枠組みの話をしている処に各論を持ってきても意味が無いのではなかろうか。料理を決める前のパーティの方向性を決めようとしている際に、じゃあ肉じゃがはどうするだとか中華をもっと勉強しろとかいうことになってしまう(無関係ではないが本論でも無い)▼個人的には経済成長を必要としない資本主義を是としているが、経済発展を前提と考えた場合に今後はエネルギー問題が要はその通りだと思う。この流れだと、垂直統合と水平分散のバランス良く配分する際に何について留意すべきかという展開になるのだろうか。今後どのように論を展開するのか楽しみだ。(2011/07/01)

では、なぜ欧米の資本主義国は成長しているのか。全くのゼロ成長は、日本だけ。その説明がほしい。思うに、失われた20年は、まさに人災。それに尽きる。(2011/07/01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長