• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

経常収支の赤字を懸念せざるを得ない理由

国際収支を巡る議論 現状編 その3

2011年7月20日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 これまでの連載の中で示してきたことは、「貿易収支そのものはそれほど問題ではなく、問題があるとすれば経常収支だ」ということであった。ところが、最近その経常収支が赤字になるという見方が強まっている。今回は日本の経常収支について考えてみよう。

雪だるま式に増えてきた日本の経常収支

 日本は長い間経常収支の大幅黒字国であった。表は80年代半ば以降、最新時点までの経常収支の動きを見たものである。これによって次のようなことが分かる。

画像のクリックで拡大表示

 第1に、日本の経常収支はかなりの期間大幅黒字を続けてきた。この表より前に遡ると、1979年と1980年に石油価格の上昇によって経常収支が赤字になったことがあるが、それ以降は黒字を続けている。

 しかも日本の黒字額は国際的に見てもかなり大きく、2005年までは世界一だった。2006年以降は中国が世界一で、2010年の中国の経常収支黒字額は3062億ドル、日本は第2位の1948億ドルである。

 第2に、その内訳を見ると、経常収支の黒字は、貿易収支の黒字と所得収支の黒字によってもたらされていることが分かる。注目すべきは、両者の相対的な大きさだ。90年代前半までは圧倒的に貿易収支の黒字幅の方が大きかったのだが、その後逆転し、近年では圧倒的に所得収支の方が大きい。日本は貿易で稼ぐ以上に、利子配当所得で稼いでいる国になっているのだ。

 これは次のようなメカニズムが作用したからである。経常収支は、貿易・サービス収支と所得収支の合計である(以下、移転収支はウエイトも小さく、基本的なストーリーとは無関係なので無視する)。日本の貿易・サービス収支はこれまで大幅な黒字を続けてきた。貿易・サービス収支の黒字は必ず対外資産を増やす。対外資産は証券や、直接投資で得られた生産設備などであり、そこから利子所得やロイヤルティーが入ってくるので、これが所得収支の黒字を増やす。つまり、経常収支は増え始めると「雪だるま式」に拡大していくのである。

 この雪だるまのメカニズムはかなり強力である。日本の貿易・サービス収支は、30年以上もの間大幅な黒字を続けてきたので、それが累積した結果としての対外資産は巨額なものとなっている。2010年末の対外純資産残高は実に251.5兆円、名目GDPの約半分の規模である。第2位は中国の167.7兆円だから、日本は圧倒的に世界一の対外資産保有国である。これだけの資産を保有していれば所得収支が巨額なものとなるのは自明である(ただし、保有資産規模の割には所得収支黒字が小さいという指摘はある)。

 そして第3は、震災後、経常収支黒字が急減していることである。変化したのは貿易収支である。2月は4873億円の黒字だったが、震災を機に3月は300億円の黒字に縮小し、4月以降は赤字に転じた。その理由が、原油高などによる輸入金額の高止まりとサプライチェーン(供給網)の寸断による輸出の減少であることは前々回に詳しく説明した。

 一方、サービス収支は赤字が続いているから、貿易収支とサービス収支の和である貿易・サービス収支は3月以降赤字に転じ、5月は8075億円の大幅赤字となった。しかし、所得収支は前述のメカニズムによって依然として大幅な黒字を維持している。以上の結果、経常収支は2月の1兆2748億円の黒字から、3月以降減少しており、5月は3910億円にまで減ってきた。

経常収支赤字化論のオールド・バージョン

 では、このように黒字が減ってきた日本の経常収支は今後どうなっていくのだろうか。この点については、驚かれる読者が多いかもしれないが、日本の経常収支が近い将来赤字となることは、エコノミストの間ではほぼ常識化している。その背景を説明する前に、経常収支が黒字から赤字へと変化するのは意外と速いという点に注意したい。これは、前述の「雪だるま式」と逆のことが起きるからだ。

 つまり、何らかの理由で貿易・サービス収支が赤字になると、今度はその分、対外資産が減少する。するとその分、所得収支の黒字も減る。このため「逆雪だるま式」に経常収支黒字は減っていき、いずれは赤字となるのである。

コメント10件コメント/レビュー

ふと思ったのだが、楽観論者は実感がないから楽観論なのではないかと。自分で国債を買ってないから、国債の安全性に関して実感がないから楽観論を唱えているのではないかと。▼経済成長に関しても同じ。現在の日本の産業に携わっていれば、日本国内の市場が成長していくことや成長する海外市場に対する輸出により成長していくことを描くことは、どれほど困難なものかは実感できると思うのだが。(2011/07/21)

「小峰隆夫のワンクラス上の日本経済論」のバックナンバー

一覧

「経常収支の赤字を懸念せざるを得ない理由」の著者

小峰 隆夫

小峰 隆夫(こみね・たかお)

法政大学大学院政策創造研究科教授

日本経済研究センター理事・研究顧問。1947年生まれ。69年東京大学経済学部卒業、同年経済企画庁入庁。2003年から同大学に移り、08年4月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ふと思ったのだが、楽観論者は実感がないから楽観論なのではないかと。自分で国債を買ってないから、国債の安全性に関して実感がないから楽観論を唱えているのではないかと。▼経済成長に関しても同じ。現在の日本の産業に携わっていれば、日本国内の市場が成長していくことや成長する海外市場に対する輸出により成長していくことを描くことは、どれほど困難なものかは実感できると思うのだが。(2011/07/21)

結論ありきで話が展開されていることに疑問を感じた。まず、経常収支の中身に関してだが、東日本大震災というモビーディックがあるにも関わらず直近の貿易・サービス収支のマイナスをトレンドとして捉えるのはいかがなものか?貿易収支に関しては、現在の政府が無駄な輸入を行ってしまった事実を取り上げないことも少々気になる。日本の経常収支を支えているものは海外からの利子配当であることを分かっていながら、ストックが急激に目減りするという前提で話を進めているのはミスリード以外の何でもない。(日本は成熟した債権国で国際競争力も高い)そして、人口オーナスは「デフレ+不景気」の問題であり、経常収支の問題ではない。また、貯蓄率の低下は可処分所得の低下の問題であり、やはり経常収支とは関係はない。さらに、日本は円建てで国債を発行しており、資金不足であるなら円を刷ればいいということを無視した暴論と言わざるを得ない。批判ばかりになったが、筆者にはぜひこれからの日本のグランドデザインを語ってほしい。(2011/07/21)

■国債発行残高は現在1千兆円程度ですが、では2千兆円になっても大丈夫ですか、1京円になっても大丈夫ですか。それは無理だということは猿でもわかります。でも今の日本は1京円に向かってひた走っています。もはや暴走状態に入りつつあり、GDP拡大などでは全く賄いきれない状況です。いつかは国債の大暴落が起こります、財政再建をしない限り。つまり国債が暴落しないというのは神話なのです。■財政再建関係のコラムで特に注目しているのは読者のコメントです。このコメントを見る限りまだ日本国債は大丈夫ですね。まだ半数以上の人々が神話を信じ続けているので。コメントで、「避難先なら米ドルが無難だ」、「いや豪ドルが強い」、「商品こそが王道だ」などというコメントが出てきたら黄色信号と思っています。(幸いにも目下、有力外貨である米ドルもユーロも日本以上に不安定であることで、日本国債が助かっていますが。)■このコラムでは、なぜ今後増え続ける国債を国内で消化しきれなくなるかを分かりやすく教えてくれているのに、コラムニストを罵倒するとは。小峰さん、めげずに頑張ってください。■そして賢明な読者さん、国債暴落対策について今後コメントを通じて語り合っていきましょう。(2011/07/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長