• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

スマホ抜きにビジネスが語れない時代に

2011年12月12日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)を薦めるべきか、普通の携帯電話が無難か。私事で恐縮ですが、九州に住む父親にどうアドバイスしようか迷っています。2012年3月をメドにサービスが終了するNTTドコモの第2世代携帯電話「mova(ムーバ)」を今もまだ使っていたようで、最近、相談がありました。70代の父はIT(情報技術)機器に弱く、自宅ではパソコンも埃をかぶっています。私が近くにいれば使い方を教えられるのですが、そうもいきません。今回もスマホのことを口にすれば、「とんでもない」と言われるに決まっています。

 それでも私がスマホにこだわるのは、最近、テレビなどで報道され有名になった三重県玉城町の「元気バス」の存在を知ったからです。お年寄りがスマホを使って乗車時間や行き先などを選択すると、運転手が自宅近くのバス停まで来てくれる。高齢者の外出機会が増えて地域活性化につながっているようです。80代の方々がスマホを使っている姿を見て、「父も使いこなせないはずがない」と考えた次第です。

 日経ビジネスが1つの商品ジャンルをテーマに特集を組むのはそれほど多くありません。しかし、高齢者の生活にまで浸透してきたスマホは一大社会現象と化しています。他誌との違いを出すために、特集では企業のスマホ活用事例、分解して見えた日の丸電子部品の実力、大手企業の覇権争いなどビジネスパーソンが知っておきたいスマホの最新事情に絞って紹介しました。

 時間が許せば、年末に九州に帰省し、父にスマホを薦めてみるつもりです。説得は成功するかどうか…。

日経ビジネス 2011年12月12日号より

「編集長の視点」のバックナンバー

一覧

「スマホ抜きにビジネスが語れない時代に」の著者

山川 龍雄

山川 龍雄(やまかわ・たつお)

日経ビジネス編集委員

「日経ビジネス」で自動車、商社業界などを担当後、2004年から4年間、ニューヨーク支局長。日経新聞出向を経て、東日本大震災直後から2014年3月まで同誌編集長。同年4月から現職。企業トップへの取材を通して、企業経営への提言を続けている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長