• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

EV戦国時代の幕開け

2012年1月30日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「今は高出力を競う時代ではないでしょう。例えば燃料電池車で同じようなレースがあれば、すぐにでもトヨタ自動車さんと一緒に参入したい」。今号の編集長インタビューで、ホンダの伊東孝紳社長に、F1レースへの再参入の可能性を聞いたところ、こんな答えが返ってきました。自動車の進化の歴史は、動力性能と環境性能の両立に挑む歴史です。ただ、このところ、環境性能に対する要求の比重が高まっています。伊東さんはF1について「チャレンジするテーマとしては古典的な領域」とまで言い切りました。

 レースはともかく、ビジネスの世界では、既に次世代エコカーを巡る熾烈な競争が始まっています。「石油の世紀」から「電池の世紀」へのパラダイムシフトは、従来の業界秩序を崩し、今日の負け組が明日の勝ち組となる下克上の時代の到来を意味します。日本の自動車メーカーの中でEV(電気自動車)を先に発売したのは、ハイブリッドカーで出遅れた三菱自動車や日産自動車でした。今年はトヨタやホンダも参入します。航続距離や充電インフラの整備状況を踏まえれば、EVが世界中で本格的に普及するのはまだ先でしょう。しかし、「商売」という点では、EV産業は既に競争の渦中にあります。

 商機をうかがうのは、自動車産業だけではありません。次世代エコカーを巡る電源争いには、化学、石油、鉄鋼、造船、住宅などの異業種から参入が相次いでいます。EV産業は日本経済の救世主になるのか。それとも電機業界と同じく、デジタル化で海外勢にシェアを奪われる端緒になるのか。EV戦国時代の幕開けです。

日経ビジネス 2012年1月30日号より

コメント0

「編集長の視点」のバックナンバー

一覧

「EV戦国時代の幕開け」の著者

山川 龍雄

山川 龍雄(やまかわ・たつお)

日経ビジネス編集委員

「日経ビジネス」で自動車、商社業界などを担当後、2004年から4年間、ニューヨーク支局長。日経新聞出向を経て、東日本大震災直後から2014年3月まで同誌編集長。同年4月から現職。企業トップへの取材を通して、企業経営への提言を続けている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員