• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

紙おむつと洗濯機、新興国での常識

2012年6月25日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 インドネシアでは、ユニ・チャームの紙おむつやマンダムの整髪料は1つずつ小分けして販売されている──。新興国攻略のお手本として取り上げられることが多いエピソードです。現地の消費者にとって、紙おむつや整髪料は日常的に使えるものではなく、「お出かけ」など特別な日に使うもの。だから、小分けして買いやすくした。言われてみれば、当たり前の工夫のように思えますが、現地で庶民の生活をつぶさに観察しなければ、たどり着けない販売手法でした。

 これもよく知られる話ですが、三洋電機の白物家電事業を買収した中国の海爾集団(ハイアール)は「野菜を洗える洗濯機」を販売しています。中国の農村部などで洗濯機の故障が多いことに着目。その原因が衣類でなく野菜を洗っていたことだと判明し、「ならば、野菜も洗える頑強な洗濯機を作ろう」と開発に乗り出したそうです。恐らく日本企業だと、原因を知った段階で「洗濯機は野菜を洗うものではありません」と現地の消費者の啓蒙活動に走ったのではないでしょうか。

 「平均年収が700万円もする日本の研究者が、年収100万円以下の人たちの社会に向けて、受け入れられるモノを作るのは正直、難しい」。昨年12月5日号の編集長インタビューで関西ペイントの河盛裕三社長がこう語っていたのを思い出します。海外市場の攻略は、安全で快適な生活に慣れてしまった我々の「思い込み」を捨てることから始まるのかもしれません。「解」は国内にはありません。今号の特集のテーマは、15人の海外展開の先駆者たちに学ぶ成功の秘訣です。

日経ビジネス 2012年6月25日号より

コメント0

「編集長の視点」のバックナンバー

一覧

「紙おむつと洗濯機、新興国での常識」の著者

山川 龍雄

山川 龍雄(やまかわ・たつお)

日経ビジネス編集委員

「日経ビジネス」で自動車、商社業界などを担当後、2004年から4年間、ニューヨーク支局長。日経新聞出向を経て、東日本大震災直後から2014年3月まで同誌編集長。同年4月から現職。企業トップへの取材を通して、企業経営への提言を続けている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏