• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

基地依存経済は過去のもの

2012年8月6日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 かつて太平洋側を表日本、日本海側を裏日本と呼んでいた時代がありました。侮蔑的なニュアンスがあることから、その後あまり使わなくなりましたが、あえて今の時代にこの表現を当てはめるとしたら、どちらが表なのか再考の余地があるでしょう。政治も経済も米国一辺倒だった頃と異なり、21世紀はアジアの時代。日本海側を表日本と呼んでも違和感はありません。そんな視点で地球儀を見つめ直すと、日本の玄関口はどこなのか。沖縄の存在が浮上します。

 那覇市を中心に半径2000kmの円を描けば、日本や中国、韓国を含む東アジアの主要都市が、ほぼすっぽり収まります。少々、不謹慎な発言になるかもしれませんが、仮に地政学的に見て沖縄の位置が安全保障上、重要だとすれば、企業がロジスティクス戦略を練るうえでも、重要だということです。しかも、日本では珍しく人口が増え続けている地域でもある。こうした点に着目し、沖縄への投資を増やしている製造業や流通業、航空産業は少なくありません。

 日本が過去の戦争を思い起こす8月のこの時期に、そしてオスプレイの配備で揺れるこのタイミングに、沖縄をテーマにした特集を組みました。ただ、そこはビジネス誌としての本分をわきまえ、今回は経済的な考察に徹することにしました。我々が現地で見たのは、ヒト、モノ、カネを引きつける沖縄経済圏の潜在力です。沖縄経済は米軍基地に依存しなければやっていけないと、ずっと言われてきました。しかし、そんな思い込みはそろそろ捨てた方がよいと思います。

日経ビジネス 2012年8月6-13日合併号より

コメント0

「編集長の視点」のバックナンバー

一覧

「基地依存経済は過去のもの」の著者

山川 龍雄

山川 龍雄(やまかわ・たつお)

日経ビジネス編集委員

「日経ビジネス」で自動車、商社業界などを担当後、2004年から4年間、ニューヨーク支局長。日経新聞出向を経て、東日本大震災直後から2014年3月まで同誌編集長。同年4月から現職。企業トップへの取材を通して、企業経営への提言を続けている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長