• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

リーダーはアイコンであってほしい

2012年10月29日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ご好評いただいている5号連続のシリーズ特集「日経ビジネス版リーダーズバイブル500」も、最終回を迎えました。第5弾は昨年に引き続き、「次代を創る100人」です。これからの日本を変えそうな可能性を秘めた人物を、各界から100人選出しました。編集部のスタッフが議論を重ね、今年から来年にかけてニュースの渦中にいそうな人たちを中心に、今後の期待も込めて選び出しました。そして今回は、前回にも増して、写真やデザインに力を入れています。

 「男は中身で勝負」。私自身、この言葉は嫌いではありませんが、ビジネス誌の編集長としては、苦労させられます。男性が多い日本のリーダーは、欧米に比べ、自らのイメージ戦略に対する意識が乏しいようです。カメラに向かってポーズを決めてくれる人は少ないですし、服装や表情もおとなしい。結果、雑誌の中に経営者が並ぶと、デザインが単調になってしまいます。ですが、今回は妥協しませんでした。各界のリーダーをつかまえ、ポーズを取っていただくまで諦めませんでした。

 結果はどうでしょう。ぜひご覧いただきたいのですが、芸能人やスポーツ選手に交じっても、引けを取らないポートレートに仕上がっていると思います。「日本のリーダーだって、格好いいじゃないか」。そう思っていただけたら、目的の1つは達成したことになります。100人だけで日本は変わりません。彼らや彼女らに刺激を受け、後に続く人が現れてこそ社会は変わります。リーダーは皆が憧れる偶像(アイコン)であってほしい。特集にはそんな思いも込めました。

日経ビジネス 2012年10月29日号より

「編集長の視点」のバックナンバー

一覧

「リーダーはアイコンであってほしい」の著者

山川 龍雄

山川 龍雄(やまかわ・たつお)

日経ビジネス編集委員

「日経ビジネス」で自動車、商社業界などを担当後、2004年から4年間、ニューヨーク支局長。日経新聞出向を経て、東日本大震災直後から2014年3月まで同誌編集長。同年4月から現職。企業トップへの取材を通して、企業経営への提言を続けている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長