• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

政治主導、官僚主導、そして市場主導?

2012年12月10日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「政治主導とか官僚主導とか言うけれど、これじゃ、市場主導になってしまう。市場主導は官僚主導よりも、コントロールが利かないですよ」とは、財務省高官の弁です。安倍晋三・自民党総裁の日銀への“口先介入”が始まって以来、続く円安・株高基調。市場の期待は膨らむ一方で、安倍氏自身も、このテーマを選挙の争点にしようと意図的に発信しているように見えます。一方で、「日銀の独立性を毀損する」「旧来型のばらまき」といった批判の声も強まってきました。

 確かに、金融緩和をジャブジャブやれば、市場に対する歯止めが利かなくなる恐れがあります。しかし、理屈はそうであっても、長年、円高・株安に苦しめられてきた人々にとって、安倍氏の発言は救世主に映るもの。現実には円安・株高の背後には世界経済の構造変化があり、安倍氏の発言だけで相場が動いているわけではありませんが、そんな客観的判断は隅に追いやられています。このままいけば、選挙直前のマーケットが、投票結果にも影響を与えそうな雲行きです。

 金融緩和論の是非はともかく、これだけ需給ギャップが広がる中、金融政策だけでデフレが解消すると思っている人は少ないでしょう。日本経済が回復するには、新たな需要を喚起する必要があります。「富裕層の正体」と題した今号の特集は、それを考えるヒントになるかもしれません。格差社会の進展に伴い、日本の富裕層の数は着実に増加していますが、消費支出は減少の一途をたどっています。彼らの財布をこじ開ける秘訣は、実は意外なところにあるようです。

日経ビジネス 2012年12月10日号より

コメント0

「編集長の視点」のバックナンバー

一覧

「政治主導、官僚主導、そして市場主導?」の著者

山川 龍雄

山川 龍雄(やまかわ・たつお)

日経ビジネス編集委員

「日経ビジネス」で自動車、商社業界などを担当後、2004年から4年間、ニューヨーク支局長。日経新聞出向を経て、東日本大震災直後から2014年3月まで同誌編集長。同年4月から現職。企業トップへの取材を通して、企業経営への提言を続けている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授