• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アジア経済は沈まない

2012年12月17日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 雑誌の特集に取り組んでいると、最初の仮説が取材を通して覆されることがあります。今回がそうでした。当初、我々が想定したタイトルは「失速アジア」。中国やインドなど各国で経済成長率の下方修正が相次いでおり、アジア市場のリスクについて検証するつもりでした。ただ、現地企業の生の声、識者の意見、各種統計データの動きなどから、アジア景気の先行きにそれほど悲観する必要はないと判断しました。そして、つけたのが「沈まぬアジア」というタイトルです。

 今回、編集長インタビューに登場していただいたアジア開発銀行の黒田東彦総裁も、こうした方向性を打ち出すうえで、背中を押してくれた1人でした。「アジアの大半の国は来年にかけて成長率を上げていく。『低迷が続く』と書くと、間違えてしまいますよ」と助言を受けました。アジア経済のリスクと言えば、15年前のアジア通貨危機の記憶が蘇りますが、黒田総裁によれば、各国の経常収支や金融機関の資産内容を見る限り、当時と今とでは状況が全く異なるそうです。

 もちろん、国によってはこの先、調整局面が訪れるリスクはありますし、業種によっては、反日デモの影響が長引く恐れもあります。しかし我々は、今のアジアは総じて回復の兆しを見せており、ここで挑戦を諦めるのは慎重にすぎると判断しました。表紙の写真が示す通り、若年人口比率の高さが、アジアの潜在力を何よりも雄弁に物語っています。選挙で国政が落ち着かない時期ですが、こんな時だからこそ、やるべきことを見失わず、着実に歩を進めたいものです。

日経ビジネス 2012年12月17日号より

コメント0

「編集長の視点」のバックナンバー

一覧

「アジア経済は沈まない」の著者

山川 龍雄

山川 龍雄(やまかわ・たつお)

日経ビジネス編集委員

「日経ビジネス」で自動車、商社業界などを担当後、2004年から4年間、ニューヨーク支局長。日経新聞出向を経て、東日本大震災直後から2014年3月まで同誌編集長。同年4月から現職。企業トップへの取材を通して、企業経営への提言を続けている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長