• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

インフラビジネス、柔道型では伸ばせない

2013年2月12日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 以前、このコラムで全日本の柔道の監督に外国人を招聘してはどうかと書きました。柔道というスポーツがオリンピックに採用されてグローバル化した以上、世界標準の技術やルールを体得する必要があると思うからです。いつまでも「技術で勝って、ルールに負けた」と嘆いていても仕方ありません。最近、女子柔道の代表監督の体罰が問題になっていますが、これも世界から見れば、極めて異質な世界。一部では、外国人監督を招聘すべきという声も浮上しているようです。

 今号の特集のテーマであるインフラは、柔道の置かれている状況に似ています。日本ではインフラ輸出は有望なビジネスと言われていますが、足元を見れば、国内のインフラ事業は純血主義。インフラ建設や維持運営に外国の資本や技術を大胆に取り入れた例は皆無です。インフラビジネスを世界中で展開しようとするのは、柔道で言えば、オリンピック競技に出るようなもの。国内では純血主義を貫き、海外で受注を増やしたいというのは、少々都合の良すぎる話ではないでしょうか。

 かつて世界では相手にされなかったサッカーが、このところオリンピックやワールドカップで活躍するようになりました。背景には外国人監督の招聘や選手の海外移籍など、人材の国際化があったと思います。特集では、“インフラ老朽化先進国”である欧米が、外国の資本や技術を取り入れて事態を打開している事例を紹介しました。笹子トンネルの事故が示す通り、老朽化が目立つ日本のインフラ。立て直すには、柔道型からサッカー型への意識転換が必要な気がします。

日経ビジネス 2013年2月11日号より

コメント0

「編集長の視点」のバックナンバー

一覧

「インフラビジネス、柔道型では伸ばせない」の著者

山川 龍雄

山川 龍雄(やまかわ・たつお)

日経ビジネス編集委員

「日経ビジネス」で自動車、商社業界などを担当後、2004年から4年間、ニューヨーク支局長。日経新聞出向を経て、東日本大震災直後から2014年3月まで同誌編集長。同年4月から現職。企業トップへの取材を通して、企業経営への提言を続けている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員