• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

イスラムと日本の意外な共通点

2013年9月23日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 天ぷらと寿司、おにぎりはもともと(イスラム教が禁忌とする食材を含まない)ハラールなのよ」。今号の特集で日本を観光で訪れたマレーシア人女性がこう言って、天ぷら店に入る場面があります。また、NHK連続テレビ小説「おしん」がイスラム圏で人気がある理由をイスラム教徒に尋ねたところ、「主人公・おしんが貧しい実家に送金して助けることがイスラムのザカート(所有財産の一部を貧しい人に分配する仕組み)に似ているから」という答えが返ってきました。

 イスラム教と聞くと、日本人の文化や生活様式と縁遠いように思えますが、こうした話を知ると、意外に共鳴できる部分も多そうです。無宗教と言われる日本は、「自国の宗教も決められない」と他国から揶揄されることもありますが、むしろ宗派の衝突が各地で勃発している現状の中では、優位性と捉えてよいのではないでしょうか。多様な宗教や文化に比較的寛容で、決定的な敵対関係を作らない。そのことが実は、五輪を招致できた遠因だったのかもしれません。

 好むと好まざるとにかかわらず、21世紀はこれからさらに中国、そしてイスラム社会のパワーが増大していきます。とりわけイスラム教徒の人口の伸びはすさまじく、1990年の10億人強から、2010年には約16億人に増えました。政治や外交上はもちろんのこと、ビジネスを優位に展開するうえでも、我々は世界に広がるイスラムの価値観を深く理解する必要があります。五輪ムードに沸く日本ですが、背後で進むメガトレンドにも目を配っておきたいものです。

コメント0

「編集長の視点」のバックナンバー

一覧

「イスラムと日本の意外な共通点」の著者

山川 龍雄

山川 龍雄(やまかわ・たつお)

日経ビジネス編集委員

「日経ビジネス」で自動車、商社業界などを担当後、2004年から4年間、ニューヨーク支局長。日経新聞出向を経て、東日本大震災直後から2014年3月まで同誌編集長。同年4月から現職。企業トップへの取材を通して、企業経営への提言を続けている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長