• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

群衆の英知はITを駆使すれば格段に役立つ

2013年9月30日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「量は質に変わる」。今号の特集には、ウェザーニューズで災害予測を担当するプロジェクトリーダーのこんな発言が載っています。雷雨のため開始から約30分後に中止になった今年の隅田川花火大会。実は同社は会員向けに花火の開始前に警報を流していました。予測の決め手となったのが、現地にいる会員たちが一斉に空撮し、投稿したデータ。一般の人たちによる情報でも、大量に集まれば、気象予報士よりも精緻な予測を導き出す。情報の量が質に転じるというわけです。

 『「みんなの意見」は案外正しい』。今では一般的となった「群衆の英知」「集合知」といった概念を紹介したジェームズ・スロウィッキー氏の著書の邦訳です。ネット上で交わされる意見や市場で形成される値など、多様な集団が到達する結論は、専門家の意見に勝るという考えが記されています。IT(情報技術)の進展で、大量のデータを収集・分析する素地が整ってきました。ITを駆使して群衆の英知を結集し、国民の生活に役立てること。それがビッグデータの真の意味かもしれません。

 気象予測は一例にすぎません。売れ筋商品の見極めや保守部品の交換時期といった経営に関することから、犯罪、事故、インフラ劣化のリスクの特定まで、従来の常識を覆す方法で予測の精度を高めようとする動きがあります。一方で、政府や企業が個人情報を取得して利用することに対する不安感も強まっています。警戒する気持ちは分かりますが、もう少し前向きに捉えてもよいのではないでしょうか。ビッグデータは国民の生活を格段に良くする破壊力を秘めています。

コメント0

「編集長の視点」のバックナンバー

一覧

「群衆の英知はITを駆使すれば格段に役立つ」の著者

山川 龍雄

山川 龍雄(やまかわ・たつお)

日経ビジネス編集委員

「日経ビジネス」で自動車、商社業界などを担当後、2004年から4年間、ニューヨーク支局長。日経新聞出向を経て、東日本大震災直後から2014年3月まで同誌編集長。同年4月から現職。企業トップへの取材を通して、企業経営への提言を続けている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長