• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本人の幸福はアジアにあり

2014年3月31日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 私事で恐縮ですが、編集長の仕事を務めるのは、今号が最後となります。東日本大震災の直後に前任からバトンを譲り受け、3年間、約150号の編集を担いました。一つひとつの号に、デスクや記者と議論を重ねた思い出がぎっしりと詰まっています。私を含め、未熟な日経ビジネス編集部をこれまで支えていただき、本当にありがとうございました。

 最後の号の特集のテーマには、改めてアジアを選びました。人口減少が進むこの国において、多くの人が幸せを感じる社会を築くには、やはり国内に閉じこもったままでは難しいと思います。この3年間、取材を続けるほど、その思いは強まる一方です。もちろん、岩盤規制の撤廃も女性の登用もイノベーションを生み出す仕掛け作りも重要なテーマです。ただ、それを日本という小さな枠組みの中で捉えるのは、限界に来ているような気がします。アジア40億人を母国市場として捉え直すことで、新たな地平が見えてきます。

 読者の皆様からは「そんなことは、分かっているよ」という声が聞こえてきそうです。しかし、言葉では理解していても、体が付いていっていないのが日本の現状ではないでしょうか。企業であれば、日本よりもアジアを優先して新商品を投入するくらいでなければ、世界の競合がひしめくこの市場は攻略できません。それが特集のタイトル「アジアファースト」に込めた思いです。

 4月以降、編集長は、田村俊一副編集長が務めます。私はBSジャパンが放映する「日経プラス10」のキャスターを拝命しました。震災から3年間、皆様と同じ時代を共有できて幸せでした。今後とも変わらぬご支援、ご指導を頂ければ、幸いです。

コメント0

「編集長の視点」のバックナンバー

一覧

「日本人の幸福はアジアにあり」の著者

山川 龍雄

山川 龍雄(やまかわ・たつお)

日経ビジネス編集委員

「日経ビジネス」で自動車、商社業界などを担当後、2004年から4年間、ニューヨーク支局長。日経新聞出向を経て、東日本大震災直後から2014年3月まで同誌編集長。同年4月から現職。企業トップへの取材を通して、企業経営への提言を続けている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO