トップページ海外企業フロントライン

海外企業の先進的なデジタルマーケティング事例を厳選して解説します。

―最新記事―

持続的成長に向け、米Airbnbが積極投資、カギを握る2つのコミュニティープログラム

2月22日、米Airbnbは2028年までの10年間に年間ゲスト数十億人の突破を目指すためのロードマップを発表した。その発表会に参加したITアナリストの冨永裕子氏が、成長のカギとなる2つのプログラムの詳細をレポートする。...続く

顧客とのつながりがマーケティングを変える(下)
【連載】チャネルシフト時代の戦い方(6)

ここで言いたいのは、チャネルを通して顧客の行動データを得ることによって、マーケティング要素の変革を起こし得るということだ。Amazonが築いたチャネルは、マーケティング要素で言う“Place”の変革である。選択データに対する販促提案は、“Promotion”である。購入データに対する価格提案は、“Price”に当たる。そして最後の使用データに対する商品提案が、“Product”である。つまりAmazonはPlace(チャネル)によって顧客からの行動データを把握し、Promotion(販促)・Price(価格)・Product(商品)を変革し、顧客にさらに新しい価値を提案できるのだ。...続く

【ネット】

顧客とのつながりがマーケティングを変える(上)

例えば本というカテゴリーにおけるAmazonは、チャネルを通して顧客の行動データをすべて把握できてい...続く

【ネット】

マレーシア発、AIファーストのマーケティング(下)

Glueck Technologiesの取り組みが特に面白いのは、彼らがマレーシアという多民族・多文...続く

【ネット】

マレーシア発、AIファーストのマーケティング(上)

AIファーストのマーケティングとは、「生活者の意向をいかに的確に迅速にアシスト、あるいはナビゲートす...続く

【ネット】

購買体験をデザインする(下)

Warby Parkerはオフラインでの体験を重視し、通常の買い物行動のプロセスである「選択→購入→...続く

【ネット】

購買体験をデザインする(上)

事例として取り上げるのは、2010年に創業した米国のメガネブランド、Warby Parkerだ。ビジ...続く

【ネット】

インドではチャットボットがUIの主流に?(下)

ixibabaとは、ixigoとbaba(インドをはじめとする南アジア地域で、物知りの年配の男性に対...続く

【ネット】

インドではチャットボットがUIの主流に?(上)

チャットボットを導入して目覚ましい成果を挙げているのが、HDFC銀行である。同行は2016年12月に...続く

【流通】

Whole Foods パワード・バイ Amazon(下)

オンライン企業が買収によってオフラインへのチャネルシフトを果たす――。こういった事例がこれからも生ま...続く

【流通】

Whole Foods パワード・バイ Amazon(上)

食品は、アパレル以上に、オフライン店舗での納得感が重要なカテゴリーだと言える。しかしだからこそ筆者ら...続く

【ネット】

シンガポール発の最新保険ビジネス、オンラインで巧みにニーズを醸成(下)

デジタル世代とは言っても、若いシンガポーリアンはえてして親と一緒に住む傾向にあり、保険をかけるべき対...続く

【ネット】

シンガポール発の最新保険ビジネス、オンラインで巧みにニーズを醸成(上)

シンガポーリアンがオンラインでサーチし購入するさまざまなものの中で、保険はサーチ&バイの対象としては...続く

【ネット】

米新興アパレルに見るチャネルシフトの新潮流(下)

チャネルシフトのもう1つの潮流は、機能特化した店舗の登場である。2007年にシリコンバレーで創業した...続く

【ネット】

米新興アパレルに見るチャネルシフトの新潮流(上)

アパレルは近年急速にチャネルシフトが起こっている。その潮流の1つがレンタルアパレルの台頭であり、以前...続く

【ネット】

DashやEcho、Booksから見えてくるAmazonの狙い

Amazon Dashにせよ、Amazon Echoにせよ、「家」という意思決定が行われるオフライン...続く

【ネット】

取材する前に読者が特集記事を予約購入、台湾メディアが挑む新たな課金モデルFREE

掲載予定記事を購入予約し、掲載時に支払って読むという仕組みだ。自社の記者や契約ライターは、まず「この...続く

【ネット】

インドネシアの生活動線に、新たなマーケティング機会

インドネシアでも、タクシー広告やバス広告は存在する。UbiklanとKartaは、デジタルプラットフ...続く

【ネット】

インドネシアの生活動線に、新たなマーケティング機会

インドネシアは広告メディアとしては依然テレビが主流であり、2017年のデジタルメディアへの投資は17...続く

【ネット】

デジタルとイノベーションの狭間で揺れ動くクリエイティブトレンド

では、このカンヌライオンズの「主役」は誰なのか。2000年代半ばまで、それがメガエージェンシーだった...続く

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み