トップページサプライヤー動向

アジア市場をソーシャルに攻める「成熟度モデル」活用法

印刷する
  • 2011年9月26日 月曜日
  • 岩渕匡敦、辻佳子

 世界的な経済不況が続く中、力強い成長を続けるアジアに注目が集まっている。とりわけ、この数年においては、労働市場としてのアジアではなく、消費市場としてのアジアに関心が寄せられており、アジアでいかなるマーケティング戦略を取るかが多くの日本企業にとって大きな関心テーマとなっている。その際の有力な武器が、ソーシャルメディアの活用だ。ただ、アジア各国が既に持つソーシャルメディアのポテンシャルと、日本企業の活用レベルには、大きなギャップがある――。
 そんな実態を、独自の「ソーシャルメディア成熟度モデル」を使って解き明かすためのデータを、デロイトトーマツコンサルティングがこのほどまとめた。同社は、アジアへの進出支援でも多くの実績を持つ。10月7日に本誌主催の「ソーシャルメディア時代のアジア攻略法」にも登壇する、同社の岩渕匡敦シニアマネージャーと辻佳子コンサルタントに、開催に先立ちアジア攻略法の一端を寄稿してもらった。

 デロイトトーマツコンサルティングはこのほど、企業がアジアにおいてマーケティング活動を展開していく上で重要性が高まっている各国のソーシャルメディアを取り巻く動向を取りまとめた。これまで当社は、日本企業のアジア進出の支援などを手掛けてきた。その過程で、アジアにおける市場動向の調査などを実施してきており、それらの結果をまとめたものである。

 世界のマーケティング分野においては、ソーシャルメディアの発展と浸透により、マーケティング3.0とも呼ばれるような新たなアプローチが考えられ、それが実践されつつある。これは、日欧米といった先進国市場にのみ見られる動きではなく、アジア市場においても、検討されるべき事項となっている。すなわち、今後のアジア市場の攻略を考えるにあたっては、ソーシャルメディアをいかに活用していくかという点が重要な要素となる。

SNS普及率で日本(42%)の2倍もあるアジアの5カ国

 まず、図1をご覧いただきたい。これは、Facebookに代表されるようなソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のアジア各国における普及率と利用頻度を示したものである。フィリピン、インドネシア、マレーシア、シンガポールでは、普及率が80%を超えている。また、平均月間利用回数も20回を超える高い値を示している。これは、こうしたエリアで企業がマーケティングを展開していく上で、SNSの利用が効果的となるポテンシャルを持っていることを示していると言えるだろう。

図1 アジアにおけるSNSの普及度と利用頻度

このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイッターに投稿する Facebook mixiチェック

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み