トップページ海外企業フロントライン

キュレーションマーケティング新潮流、米ホールフーズなどPinterest続々採用

印刷する
  • 2012年2月7日 火曜日
  • 加藤 靖子

2月1日に新規株式公開(IPO)の申請書類を提出したことで、これまで以上に世界の関心を集めたフェイスブック。それに続くかのような勢いのある大型人気ウェブサービスが登場している。「Pinterest(ピンタレスト)」というSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)だ。様々な情報を集め、分類し、共有する「キュレーション」。Pinterestは、画像を中心としたキュレーション系のSNSと位置付けることができる。

■ここから先は、日経デジタルマーケティングの定期購読者の方のみがご覧いただけます。

定期購読者はこちら
ログイン
パスワードをお忘れの方
初めての方へ
日経デジタルマーケティングとは
日経デジタルマーケティングを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイッターに投稿する Facebook mixiチェック

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み