トップページインタビュー

エンゲージメントを高めた購買に価値、単なるリターゲティングの成果には疑問
米楽天リンクシェアCEO(最高経営責任者)兼リンクシェア・ジャパン会長兼社長 飯田恭久氏インタビュー

印刷する
  • 2012年10月2日 火曜日
  • 杉本 昭彦

アフィリエイト事業を手がける米楽天リンクシェアは9月5日、インターネット広告技術を提供する米メディアフォージを買収した。メディアフォージは個々の利用者の関心に沿ったクリエーティブを表示して、インタラクションを誘発するリターゲティング広告を配信する技術を持つ。ヤフーが「Yahoo! JAPAN」での広告配信を開始した、レコメンド広告の仏クリテオと同じくリターゲティング広告の一種である。米楽天リンクシェアのCEO(最高経営責任者)であり、日本法人のリンクシェア・ジャパンの会長兼社長でもある飯田恭久氏に買収の狙いを聞いた。

■ここから先は、日経デジタルマーケティングの定期購読者の方のみがご覧いただけます。

定期購読者はこちら
ログイン
パスワードをお忘れの方
初めての方へ
日経デジタルマーケティングとは
日経デジタルマーケティングを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイッターに投稿する Facebook mixiチェック

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み