トップページインタビュー

ビッグデータのマーケティング活用は、業務知識と統計学の両方を持つ人材が必要
米トレジャーデータ 芳川裕誠社長 インタビュー

印刷する
  • 2013年6月7日 金曜日
  • 中村 勇介

ビッグデータ解析サービス提供の米トレジャーデータは、このほど日本国内に拠点を設けて、事業展開を本格化させた。同社は芳川裕誠社長を中心に、ビッグデータに関わる日本人技術者が集まって米シリコンバレーで設立された。クラウド上にデータを上げると短期間で大量のデータを処理するサービスを開発。米ヤフー創業者から出資を得るなど注目を集めている。国内での事業展開を決めた理由や、ビッグデータをマーケティングに活用する上での課題などについて芳川氏に聞いた。

■ここから先は、日経デジタルマーケティングの定期購読者の方のみがご覧いただけます。

定期購読者はこちら
ログイン
パスワードをお忘れの方
初めての方へ
日経デジタルマーケティングとは
日経デジタルマーケティングを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイッターに投稿する Facebook mixiチェック

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み