トップページ国内企業インサイド

リターゲティング広告の見直しでCPAが半減、紳士服「サカゼン」のECサイト

印刷する
  • 2013年12月11日 水曜日
  • 小林 直樹

メンズファッションチェーン「サカゼン」「ゼンモール」を展開する坂善商事(東京都中央区)は、レコメンド型リターゲティング広告の導入で効率的な集客と販売を実現している。楽天市場やアマゾンなどモールへの出店が先行していた同社は、2011年10月に自社ECサイトを開設し、以降、検索連動型広告、アフィリエイト、バナー広告、メルマガ、リターゲティング広告など、一通りの集客、リピート促進策を打ってきた。

■ここから先は、日経デジタルマーケティングの定期購読者の方のみがご覧いただけます。

定期購読者はこちら
ログイン
パスワードをお忘れの方
初めての方へ
日経デジタルマーケティングとは
日経デジタルマーケティングを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイッターに投稿する Facebook mixiチェック

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み