トップページ国内企業インサイド

スマホ強化で好調の「出前館」、5月から人工知能活用しリピート促進目指す

印刷する
  • 2014年4月11日 金曜日
  • 小林 直樹

宅配・デリバリーのポータルサイト「出前館」を運営する夢の街創造委員会がスマートフォン対応を強化して注文件数を伸ばしている。昨年6月にスマホサイト、同10月にAndroidアプリ、同12月にiPhoneアプリをリニューアルし、注文にかかる手間を簡易化した。従来版は、届け先の住所を都道府県レベルから絞り込んでいくか、郵便番号を入力する必要があったが、GPSに対応させたことで「現在地から探す」ボタンをタップするだけで、「白金1丁目」など絞り込まれた住所候補が現れる。

■ここから先は、日経デジタルマーケティングの定期購読者の方のみがご覧いただけます。

定期購読者はこちら
ログイン
パスワードをお忘れの方
初めての方へ
日経デジタルマーケティングとは
日経デジタルマーケティングを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイッターに投稿する Facebook mixiチェック

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み