トップページスキルアップ講座

運用型広告で重要なパートナー選び
マネジャーが知っておくべき「アドテク」の今 〔第4回〕

印刷する
  • 2014年6月19日 木曜日
  • Fringe 81代表取締役 田中 弦、TATEITO代表取締役CEO 平野 考宏

連載第4回は、検索連動型広告やDSPなど広告主側が管理権限を持つ運用型広告について、その市場動向を理解することで、運用に求められるスキルを考えていきたい。電通が発表している「日本の広告費」では、運用型広告を以下のように定義している。「運用型広告とは、膨大なデータを処理するプラットフォームにより、広告の最適化を自動的もしくは即時的に支援する広告手法のこと。

■ここから先は、日経デジタルマーケティングの定期購読者の方のみがご覧いただけます。

定期購読者はこちら
ログイン
パスワードをお忘れの方
初めての方へ
日経デジタルマーケティングとは
日経デジタルマーケティングを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイッターに投稿する Facebook mixiチェック

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み