トップページサプライヤー動向

スパム行為判別や日本語解析の技術を活用、国産アドベリフィケーションが普及の兆し

印刷する
  • 2014年9月16日 火曜日
  • 中村 勇介

DSP(デマンド・サイド・プラットフォーム)が普及する一方で、新たな課題が浮上している。DSPやSSP(サプライ・サイド・プラットフォーム)事業者は、配信先を事前に審査して公序良俗に反するコンテンツなどを掲載している媒体に広告が配信されないように努めている。だが、「審査を通過した後、アクセスを増やすために公序良俗に反したり、著作権を侵害するコンテンツを掲載する媒体が、わずかだが存在する」とフリークアウト経営企画部の溝口浩二マネージャーは明かす。

■ここから先は、日経デジタルマーケティングの定期購読者の方のみがご覧いただけます。

定期購読者はこちら
ログイン
パスワードをお忘れの方
初めての方へ
日経デジタルマーケティングとは
日経デジタルマーケティングを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイッターに投稿する Facebook mixiチェック

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み