トップページインタビュー

米国では、テレビCMのプログラマティックな買い付けが広がっている ――米ターン ビル・デマス CEO(最高経営責任者)インタビュー

印刷する
  • 2014年11月4日 火曜日
  • 中村 勇介

DSP(デマンド・サイド・プラットフォーム)を活用した広告配信の市場が拡大し、ディスプレイ広告に加えて、デジタルサイネージもプログラマティックに買い付けられるようになりつつある。先行して市場が広がった米国では、テレビCMもプログラマティックに買い付けられている。そこで大手DSP事業である米ターンのビル・デマスCEO(最高経営責任者)に、競争環境の変化やテレビCMのプログラマティックによる買い付けの現状などについて聞いた。

■ここから先は、日経デジタルマーケティングの定期購読者の方のみがご覧いただけます。

定期購読者はこちら
ログイン
ID、パスワードが不明な方はこちら
パスポート登録
定期購読者で、読者限定サイトの利用登録をされていない方は、こちらから日経BP社共通のIDシステムである「パスポート」登録を行って下さい。
初めての方へ
日経デジタルマーケティングとは
日経デジタルマーケティングを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。
© 2006- Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.