• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

1人で生きられる=自立なのか

2011年7月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 東日本大震災で世界が賞賛した日本人の「絆」。譲り合いや助け合う精神は、非常時における社会の結びつきの強さを世界に向けて証明した。

 一方で、震災直後には「買い占め」問題も勃発した。物資の欠乏にあえぐ被災地へ一刻も早く、そして大量の救援品を送らなければならないにもかかわらず、首都圏を中心に買い占めが起こってしまった。

 「危機意識の強さの表れ」「自分や家族が生きていくためには仕方がない」という買い占め容認論も聞かれたが、どこかに違和感を覚えた人も多いのではないだろうか。

 個と社会、自立と絆。相反するように感じる2つは、いずれも我々の中で両立させるべきものとして求められてきたものである。それが、震災という極限状態の中で、極端な形で姿を現してしまった。

 では、自立とは何なのか。

 その答えを探るべく、自社の職人に対して強烈に自立を促す企業のトップに話を聞いてみた。

 岩手県奥州市に本社を置く金属加工会社、千田精密工業は、加工が難しいとされる素材の精密加工技術に優れており、100分の1mmの精度で仕上げる技術がある。自動車や電機、精密や工作機械など様々な分野の大手企業が、その技術を頼って日参する優良な中小企業として知られる。

40歳までの独立を強制

 3年前に取材した際、同社独自の強烈な制度を千田伏二夫社長から聞いていた。それが「職人を40歳で強制的に独立させる」という制度だ。この社内制度で、これまでに8人の職人たちが独立していったという。

 なぜこのような制度を導入するのか。そこには千田社長自身の経験に基づく、『自立』の概念があった。

コメント7

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「1人で生きられる=自立なのか」の著者

白壁 達久

白壁 達久(しらかべ・たつひさ)

日経ビジネス記者

2002年関西大学経済学部卒業後、日経BP社に入社。日経ビジネス、日経ビジネスアソシエを経て、2015年から香港支局長としてアジア全体をカバーする。2016年8月から日経ビジネス記者に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長