• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

土佐の鬼才、森林のブランド化に挑む

2011年8月22日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 カネを生まない山林を誰もが欲しがるブランドに――。そんな荒唐無稽な夢を実現しようと奮闘している人がいる。梅原真氏、61歳。高知県香美市に住むグラフィックデザイナーだ。

価値のないモノをブランドに

 身長182cmの大男。唇は分厚くて、魯山人のような黒縁の丸眼鏡をかけている。本質的には笑わせるのが好きなお茶目な人だが、曲がったことが嫌いで、「違う」と思った時はクライアントであっても容赦なく叱り飛ばす(私も実際に見たことがある)。通常では滅多にお目にかかることのないタイプのデザイナーと言っていい。

 それでも、その実績は高く評価されている。

「今や全国で引っ張りだこ」(写真:宮島康彦)

 全国的に有名な馬路村農協の「ぽん酢しょうゆ ゆずの村」のビンは梅原氏の手によるデザイン。島根県海士町の特産品、「島じゃ常識 さざえカレー」のパッケージも梅原氏のデザインだ。さらに、高知県黒潮町の海岸線に広がる「砂浜美術館」、古新聞を折って作った「四万十新聞バッグ」などのコンセプトを提示したのも梅原氏である。

 最近では、秋田県が進めるイメージアップ戦略のアドバイザーに就任した。秋田県は自らのイメージを磨き上げ、その魅力を全国に発信していこうと考えている。その目標を実現するために、プロデューサーとしても名高い梅原氏に白羽の矢を立てたというわけだ。ここ数年、梅原氏に対する注目度は増している。

 (※梅原氏をより詳しく知りたい方は以下の書籍をご覧下さい。梅原氏の半生を描いた拙著『おまんのモノサシ持ちや』、梅原氏の手による作品集『ニッポンの風景をつくりなおせ』)

 全国的に活動の場を広げつつある梅原氏。実は、2年前からあるプロジェクトを進めている。それは、「はちよんプロジェクト」。高知県の森林をブランド化しよう、という取り組みだ。

「四国霊場三十一番目札所、五台山竹林寺の客殿で開かれたはちよん会議。プロジェクトは3年目に突入した」(写真:篠原匡)

コメント0

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「土佐の鬼才、森林のブランド化に挑む」の著者

篠原 匡

篠原 匡(しのはら・ただし)

ニューヨーク支局長

日経ビジネス記者、日経ビジネスクロスメディア編集長を経て2015年1月からニューヨーク支局長。建設・不動産、地域モノ、人物ルポなどが得意分野。趣味は家庭菜園と競艇、出張。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本全体として若い世代にもっと所得の分配をしていくべきだと思う。

川野 幸夫 ヤオコー 会長