• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

原発は安いと言ったのは誰だ

発電コストの試算を電事連に頼るな

  • 市村 孝二巳

バックナンバー

2011年8月24日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回、7月7日付本欄の「核燃料サイクルは破綻している」には数多くの反響と賛否両論のご意見をいただいた。今回はその続編を掲載する。

 恥を忍んで我が家の「電気ご使用量のお知らせ」(検針票)まで公開した結果、「電気代が2万円と言うのを見て、非常に高コストな生活をされているのだなと思いました」という、もっともなご指摘まで受けてしまった。そのご批判に応えるべく、というわけでもないが、我が家もご多分にもれず、この夏はできる限りの節電を励行している。

 7月分(6月16日~7月18日、33日間)は前年同月比15.6%減と、世間一般の目標である15%減をクリアし、8月分(7月19日~8月16日、29日間)に至っては同45.1%減という大幅な節電に成功した。これで胸を張って経済産業省の「節電アクション」の達成賞にも応募できようというもの。これもまた、昨年まで浪費しすぎていたから大幅に減らせるのだ、という誹りを免れないのは十分承知しているつもりだ。8月分はようやく370キロワット時、9441円と、一般世帯並みの消費量に近づいてきた。

原発のコストが知りたい

 当然のことだが、8月分の検針票を透かして見ても、我々が知りたい電気料金の詳細は掲載されていない。「上記料金内訳」の中身は、相変わらず「燃料費調整」と「太陽光促進付加金」の項目だけだ。政府や東京電力がこれからの値上げは不可避だというなら、利用者としては一層の情報開示の強化は不可欠だと言わねばなるまい。

コメント28件コメント/レビュー

原発によるエネルギー安保って、未だ実現できていない高速増殖炉とか再処理燃料とかもそうですが、一度燃料を装填すると3~4年使えることも意味しているのではないのでしょうか?化石燃料はどれくらい備蓄しているのでしょう。石油は100日程度と記事で読んだ記憶がありますが。単なる安保であれば火力用の化石燃料に火を付ける方が簡単な気がします。海上封鎖されることもあるでしょうし・・・もし原発が安くないのであれば何故、隣国がこれから100基も増やそうと計画しているのでしょうか?(2011/09/02)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

原発によるエネルギー安保って、未だ実現できていない高速増殖炉とか再処理燃料とかもそうですが、一度燃料を装填すると3~4年使えることも意味しているのではないのでしょうか?化石燃料はどれくらい備蓄しているのでしょう。石油は100日程度と記事で読んだ記憶がありますが。単なる安保であれば火力用の化石燃料に火を付ける方が簡単な気がします。海上封鎖されることもあるでしょうし・・・もし原発が安くないのであれば何故、隣国がこれから100基も増やそうと計画しているのでしょうか?(2011/09/02)

興味深いことに東電の明細には「太陽光促進付加金」は明記されているのに、原発を建設するために電気料金に課せされている「電源開発促進税」については、何も書かれていうないのですよね(電源開発促進税は、建前としては、火力以外の発電を促進するためのものなので、水力発電などの開発にも使われることになっていますが、実際は原発のための税金です)。東電からの明細だけを見ると、いかにも太陽光発電だけに特別にカネをとっているかかるかのような印象を与えていますが、実はそうではない。なお、これは東電が印象操作をしているのではありません。この税金は、消費者ではなく電力会社が発電量に応じて払うことになっているので消費者の明細には載らないのです。でも、とどのつまり、負担するのは消費者です。今回の原発事故の賠償金も、全国の(被害地である福島県も含む)の消費者の電気代から吸い上げられるしくみですが、消費者にいくら払わせているか、明細書に金額がのる可能性はゼロです。(2011/08/30)

もし原子力発電の単価が火力発電と同じであるのならば、エネルギー源の多様化のひとつとして持っておいても間違いは無いはずです。福島第一原発の事故以降、それまで騒がれていた地球温暖化に対する心配が一気にトーンダウンして「やはり化石燃料の方が安全だ」と一斉に世論が変わったのはなぜでしょうか。海沿いに立地する火力発電所の石油や天然ガスのタンクが津波で損傷すれば火災や石油流出の事故でどれくらいの被害が出るか、きちんと試算すべきです。(2011/08/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長