• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ジョブズ氏とサムスン会長、再起への執念

日本勢の凋落は1997年に始まっていた

2011年9月12日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 産業史を振り返ると、「あの時が転機だったのだな」と気がつくことがある。日本の電機産業にとって、1997年はまさにそんな年だったと思う。

 長く健康を害していた米アップルの創業者、スティーブ・ジョブズ氏が今年8月24日、「職務の遂行が難しくなった」としてCEO(最高経営責任者)を辞任し、会長職に退いた。「稀代の名経営者」として産業史に名を残すことになったジョブズ氏が、会社の舵取りを任されたのは今から14年前の97年だった。

 社内の権力闘争に敗れ一時はアップルを離れていたが、呼び戻され、暫定CEOとして経営に復帰した(CEO就任は2000年)。当時、アップルはパソコンのOS(基本ソフト)競争で米マイクロソフトに圧倒され、倒産寸前まで追い込まれていた。ジョブズ氏にとっては、まさに嵐の中の船出だった。

サムスン会長の荒療法も効かず

 97年、奇しくも太平洋を挟んだ対岸に業績悪化に苦しむ電機メーカーがもう1社あった。この年、「アジア通貨危機」が起こり、韓国経済が破綻。多くの韓国企業が経営難に陥り、財閥系のサムスン電子も土俵際に追い込まれた。

 創業家の李健煕(イ・ゴンヒ)会長は以前から、社内改革の必要性を強く訴えていた。「妻と子供以外はすべて変えろ」「変わらなければ死ぬ」などと挑発的な発言を繰り返し、社員の危機感を煽っていた。

コメント8件コメント/レビュー

再起のきっかけになりそうなプロフェッショナルな経営者をピックアップして、紹介して、持ち上げて、大きくして、やる気にさせて、日本を変える様に仕向けるのが良いかと思います。(2011/10/07)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「ジョブズ氏とサムスン会長、再起への執念」の著者

吉野 次郎

吉野 次郎(よしの・じろう)

日本経済新聞社記者

1996年、日経BPに入社。2007年から日経ビジネス編集部で電機業界や自動車業界、企業の不祥事を担当。2015年4月から日本経済新聞社電子編集部に出向中。産業、経済事件を中心に取材・執筆する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

再起のきっかけになりそうなプロフェッショナルな経営者をピックアップして、紹介して、持ち上げて、大きくして、やる気にさせて、日本を変える様に仕向けるのが良いかと思います。(2011/10/07)

「あの時が転機だったのだな」私がそう思ったときは、JCOの事故、中越大震災の新幹線の脱線。技術立国日本の没落の起転である。事故を起こしてはならない技術が事故を起こした。そして東北大震災ではJRは一人の死者も出さず。東京電力は中越大震災で柏崎で問題を起こし、東北大震災でも福島第1原子力発電所で事故を起こし、想定外と2度も同じ言い訳をした。この二つの違いはなぜか?考える必要がある。明確に言えるのは安全性に対する、企業の姿勢である。体質が変わらなければ、再び事故が起きるのは目に見えている。日本の技術は老化している、文明として再生が必要なのである。(2011/09/13)

知りすぎている内容だった。『日本勢の復活はいつ?』と、問うのではなく、復活はなさそうだとか、(いつになったら)ありそうだとかを書かないと読んでも時間の無駄でしょう。こんな記事は読んだ後、一番頭に来る!こんな記事なら、殆どの業界の人なら書ける筈。(2011/09/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長