• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「新東名」をエコカー専用にしては?

日本最後の大規模公共事業を有効活用しよう

  • 加藤 修平

バックナンバー

2011年9月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 新東名高速道路がいよいよ来年夏に部分開通する。部分開通と言っても、全長255kmのうち、6割強にあたる162kmが一気に走れるようになる。御殿場ジャンクション(JCT、静岡県御殿場市)から三ヶ日JCT(浜松市)がその対象で、静岡県内を東西に貫く高速道路が2本、並行して走ることになる。

 この道路をエコカー専用にしようというのが今回の主題。その経済効果は大きい。エコカー専用道路とする理由を説明する前に、先ずは新東名の概要に触れる。

 今の東名高速道路の代名詞と言えば渋滞、こんな感想を持っている人も多いはず。それもそのはず。NEXCO中日本の調べでは、2009年の平均値で見るとほぼすべての区間で、スムーズに自動車が走れる「交通容量」と呼ばれる指標を超える台数の自動車が走っている。特に交通量が多い夏季(8月5日~18日)は容量の2倍を超える自動車が流れ込むことが多い。

全線開通は2020年

 新東名は神奈川県の海老名南JCTから愛知県の豊田東JCTまで整備される計画で、全線開通は2020年の予定だ。開通すれば、今まで現・東名で4車線(片側2車線)だった区間の多くが、新東名も合わせると8車線に増える。仮にどちらかの高速道路で交通事故による通行止めがある場合にも、迂回できる高速道路がある。国道などの一般道が激しい渋滞になる可能性も下がり、沿線の住環境も大きく改善することだろう。

 そして新東名の売りの1つが、現行の東名よりも優れた高速道路であることだ。

(新東名高速道路の橋梁=廣瀬 貴礼)

コメント11

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO