• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

あの食品成分が放射線の影響抑える?

ラクトフェリンの効果を見つけた研究者に聞いた

  • 小谷 真幸

バックナンバー

2011年9月27日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 原発事故以降、放射線による体への悪影響を気にする人が急増している。先日、記者が都内で電車に乗っていると、後ろから「東京の周りにも放射能(物質)が結構降ってるらしいよ。(身を守るには)どうしたらいいんだろ」との声が聞こえてきた。振り返ると、3人組の女子高校生が真剣な顔で話している最中だった。目に見えない放射線に対するこのような“漠とした恐怖感”は、老若男女を問わないものだとあらためて感じさせる出来事だった。

 「安全だ、心配ない」を繰り返してきた行政の発表とは裏腹に、東北や関東のあちらこちらで土壌から高い濃度の放射性物質が検出されたとのニュースをいまだによく目にする。何か自分で身を守る方法はないものか、そんな思いが強くなるのも仕方ないところだろう。私事で恐縮だが、ごく最近、身内に子が生まれた。成人に比べて乳幼児や子供は放射線への感受性が強い。幼い子を持つ親にとっても、放射線の影響は大変気になるところだ。

ラクトフェリンで放射線を防護?

 日常生活の範囲で放射線の影響を抑える方法はないものか。本誌取材のかたわら色々と調べていたところ、ある取材先から、生乳などに含まれる「ラクトフェリン」に放射線の影響を和らげる働きがあるとの話を耳にした。

 その話の出所はいったいどこか。さらに調べてみると、独立行政法人である放射線医学総合研究所の過去の研究に行き当たった。2006年11月に同研究所が発表した、「牛乳などに含まれるラクトフェリンに放射線防護効果を確認」との研究成果だ。マウスを用いた実験で、ラクトフェリンに放射線被ばく障害を防護する顕著な効果があることが確認されたという。現在でも同研究所のサイト内にあるプレス発表のページで、その要旨を読むことができる。

 ラクトフェリンなら、現在は乳製品やサプリメントなどの食品として流通しており、日常生活に取り入れることも難しくはない。早速、詳しい話を聞こうと同研究所に取材を申し込んだが、当時この研究を行っていた研究者は大半が既に別の機関に移っているとのこと。そこで後日、研究を主導していた西村義一氏の現在の所属先である財団法人・放射線影響協会にあらためて連絡し、幸いにも西村氏に話を聞くことができた。

コメント11件コメント/レビュー

国立健康・栄養研究所のラクトフェリンの記述では、(以下引用)ラクトフェリンは、ミルク中に存在する鉄結合性の糖タンパク質であり、1分子当たり2個の鉄分子と結合でき、血液中のトランスフェリン(鉄結合タンパク) とは免疫学的に区別される。酸性下(pH2)で鉄を遊離し、アポラクトフェリンになる。ミルク以外にも、哺乳類の涙、唾液などに含まれている。俗に「鉄の吸収効率が良い」、「抗菌活性がある」などといわれているが、ヒトでの有効性については信頼できるデータが十分にはない。安全性については、通常の食品に含まれる量であれば経口摂取でおそらく安全と思われるが、妊娠中、授乳中の過剰量の摂取に関しては信頼できる情報が十分でないため、避けるべきである。(引用ここまで)とあります。論文は確かにあるかもしれませんが、十分に検証されたとは言いがたいと思いますが、安易に薦めてしまって良いのでしょうか?(2011/09/28)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

国立健康・栄養研究所のラクトフェリンの記述では、(以下引用)ラクトフェリンは、ミルク中に存在する鉄結合性の糖タンパク質であり、1分子当たり2個の鉄分子と結合でき、血液中のトランスフェリン(鉄結合タンパク) とは免疫学的に区別される。酸性下(pH2)で鉄を遊離し、アポラクトフェリンになる。ミルク以外にも、哺乳類の涙、唾液などに含まれている。俗に「鉄の吸収効率が良い」、「抗菌活性がある」などといわれているが、ヒトでの有効性については信頼できるデータが十分にはない。安全性については、通常の食品に含まれる量であれば経口摂取でおそらく安全と思われるが、妊娠中、授乳中の過剰量の摂取に関しては信頼できる情報が十分でないため、避けるべきである。(引用ここまで)とあります。論文は確かにあるかもしれませんが、十分に検証されたとは言いがたいと思いますが、安易に薦めてしまって良いのでしょうか?(2011/09/28)

放射性物質の取り込みを抑える食品といえば、まず海藻類でしょう。子供達の甲状腺癌の原因となる放射性ヨウ素の取り込み、吸収を抑えるために、ヨウ素を多く含む海藻類を食べさせるべきです。こんなところでお商売なんかしてる場合じゃない。(2011/09/28)

放射能に汚染された生乳でサプリなど作られた場合はどうなんでしょうね?(2011/09/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長