• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「日本はダメだから中国進出」では勝てるワケがない

ニッセン佐村社長にインタビュー、日本企業が勝つヒントとは

  • 坂田 亮太郎(北京支局長)

バックナンバー

2011年10月3日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 私は2009年9月に中国の北京に赴任するに当たり、自分の取材テーマを「中国人に売る」と決めた。日本経済の中枢で働く日経ビジネスの読者諸氏に対して、中国大陸から発信する情報として最も需要があるテーマだと考えたからだ。

 理由は簡単だ。人口が減り始めた日本で企業が成長するのは難しい。中国という広大なブルーオーシャンがすぐ隣に開けているのだから、レッドオーシャンの日本にとどまっている必要はない。多分にステレオタイプの論理ではあるが、それが日本の国益に資するという思いは今も変わっていない。

 より直接的に言えば、経済的に豊かになった中国人から如何にカネを引っ張ってくるか。日本の企業人が頭を悩ます課題に対して、少しでも役に立つ情報を提供したいと考えている。

 世界最大の人口を誇る中国は、既に様々な分野で世界最大の市場だ。例えば、中国インターネットネットワーク情報センター(CNNIC)によると中国のインターネットの利用者数は2011年6月末で4億8500万人に達した。これは米国の人口(約3.1億人)と日本の人口(約1.3億人)を足した数よりも、更に5000万人近くも多い。

中国は多様な消費者群の集まり

 自動車販売台数は2010年に1800万台を超えた。2011年に入って伸び率は鈍化しているが、それでも日本の3倍近くの規模がある。ネットや自動車に限らず、携帯電話、ビール、シャンプーなどなど中国が世界一になった商品やサービスは枚挙に暇がない。

 当然、この巨大かつ成長スピードが速い中国市場に対する企業の期待は高い。中国進出もしくは中国事業を強化する企業は製造業にとどまらず、小売りやサービスなどのいわゆるドメスティック色の強かった産業にも広がってきている。

 だが、残念ながら成功例は多くない。

コメント2

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長