• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ヒューマンスキルに投資しよう

自宅農園で思ったこと

2011年11月25日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 全くの私事になりますが、私は自宅の庭で野菜を作っています。とても小さな家庭菜園ですが、今の季節はキャベツや大根、ネギ、にんじんを育てていますし、春から夏にかけては、トマトやナス、ジャガイモ、満願寺トウガラシなどを作りました。

 もともとコンクリートの駐車場だったところをはつって作った菜園であり、質の悪い赤土を入れたため、土作りにはかなり難儀しました。それでも、何も考えずに一心不乱に鍬を振っていると、頭の中から雑念が消えていく。週末の気分転換になっています。

農作業は奥が深い

 実は、私の祖父は長野県のレタス農家でした。子供の頃に農作業を手伝った思い出はいまだに心に残っています。父親も東京で畑を借りて野菜を作っています。いわば、野菜作りは私の原風景。1年半前、郊外に中古の戸建て住宅を購入した時に無理やり畑を作ったのは、潜在意識の中に「農業をやりたい」という気持ちがあったからでしょう。

 実際に、自宅で家庭菜園を始めて気づいたことはいくつもあります。その中でも際たるものは自分自身に生きるためのノウハウが欠如しているという現実でした。

 去年の秋に植えたキャベツは管理を疎かにしたため、アオムシだらけになってしまいました。大根はマタが割れ、ナスも実が1つなった後に元気がなくなりました。父親が簡単にやっているのを見ていて、すぐにできると思っていましたが、思い上がりも甚だしい。すべてにおいて奥の深い世界でした。

 そうやって我が身を振り返ってみると、農作業だけでなく、日曜大工や車の修理、シカやイノシシの解体、イワナの取り方など、父親にできて私にできないことがそれこそ山ほどありました。父親に比べて、生きる技術に欠けていることは間違いありません。

 蛇口をひねれば温かいお湯が出る今の時代、そんな技術は必要ないのかもしれません。ただ逆に、すべてが満ち足りている今こそ、生きるための技術やノウハウを身につけるべきではないか、とも思い始めています。

 世界的に続いている資源価格の高騰。これまでのように、農作物を気軽に買えない時代になるかもしれません。今、休耕田が目立っていますが、いずれ食べ物を生み出す農地こそが、最も価値のあるものになるかもしれない。

 その時代に価値のあるスキルは何か。恐らく、プレゼンテーションスキルでも手帳術でもなく、自然を生き抜く力でしょう。さらに言えば、投資という観点で見ても、形ある資産でなく、技術やノウハウというソフトの形で身につけた方がいいのではないか。

コメント3

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「ヒューマンスキルに投資しよう」の著者

篠原 匡

篠原 匡(しのはら・ただし)

ニューヨーク支局長

日経ビジネス記者、日経ビジネスクロスメディア編集長を経て2015年1月からニューヨーク支局長。建設・不動産、地域モノ、人物ルポなどが得意分野。趣味は家庭菜園と競艇、出張。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長