• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

最年少上場の社長が教えてくれたこと

「1人が世界を変える時代」を生き抜けますか?

2011年12月2日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 個人の情報発信力は、ますます高まっている。そんなことを、再認識させられる機会があった。

 日経ビジネスの取材でリブセンスの村上太一社長にインタビューする機会があった。同社は、いわゆるIT(情報技術)ベンチャーなのだが、12月7日に予定されている東証マザーズへの上場が実現すると、25歳での最年少上場記録を更新するということで、ちょっとした話題になっている。

リブセンスの村上太一社長(写真:菅野勝男)
リブセンスの村上太一社長(写真:菅野勝男)

 村上社長の考えや魅力については、別の記事で詳しく書いたのだが、今回は彼の話の中で印象に残った言葉を紹介したいと思う。

 「世界を意識することはありません。なぜなら、ネットは既に世界とつながっているから。例えば、優れたスマートフォンアプリを開発すれば、AppStoreで世界中の人に届けることができます」

 「今は、何百人と技術者を抱えている会社よりも、1人の天才エンジニアのサービスが世界を変えられる世の中になったんです」。

 クラウドが広がり、サーバーやネットワーク設備といったインターネット・サービスを開発し、世に出すことの「敷居」は、以前よりもかなり低くなった。要するに、アイデアと技術力が優れた人間さえいれば、世界を相手にサービスを提供できる環境が整ったということだ。

 従来なら、それなりの組織に属していなければ生み出せなかったサービスや製品。それが、個人でも世に問うことが可能な時代が到来した。その時、世の中はどう変わるのだろうか。

 それを探る上で、格好の場所がある。

コメント0

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「最年少上場の社長が教えてくれたこと」の著者

蛯谷敏

蛯谷敏(えびたに・さとし)

日経ビジネス記者

日経コミュニケーション編集を経て、2006年から日経ビジネス記者。2012年9月から2014年3月まで日経ビジネスDigital編集長。2014年4月よりロンドン支局長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

韓国がダメでも、日本なら技術を見る「目」が投資家にあるはずだ。

崔 元根 ダブル・スコープ社長