• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「オリンパス問題で日本社会が問われている」の違和感

日本のガバナンスばかりが責められているけど

2011年12月12日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 オリンパスの損失隠しの実態が明らかになってきた。同社の損失隠しについて調べていた第3者委員会は12月6日、調査報告書を発表した。菊川剛・前社長ら歴代の経営トップが損失の「飛ばし」や穴埋めに関与していた、との内容だ。

 マイケル・ウッドフォード元社長の解任劇から始まった「優良企業」オリンパスの狡猾な損失隠しが見えてくるにしたがって、日本の企業統治の問題点も浮き彫りになってきた。ウッドフォード氏は会見で「オリンパスは日本企業の統治が世界標準に達していないことをさらけ出した」と話すなど、日本の企業社会全体が問われていると繰り返し主張している。欧米のメディアも日本の企業統治のあり方を厳しく断罪している。

 もちろん、これらの指摘は的を射たもので、日本の企業、ひいては社会全体が真摯に受け止めなければならないと思う。社長のお友達が社外取締役を務めていては、まともな企業統治はとても望めないだろう。

 今年は東日本大震災に伴う東京電力福島第1原子力発電所の事故もあった。事故後の東電や政府の対応や、その後に次々と発覚した九州電力や北海道電力による原発をめぐる「やらせ」問題でも、日本社会の「隠蔽体質」が浮かび上がった。海外が厳しい目を向けるのも仕方がないと思う。

コーポレートガバナンスは世界的な課題

 その一方で、企業統治に関して言えば、「かさにかかって日本を攻めているけど、欧米の会社だってそうほめられた企業ばかりではないじゃないか」とも思う。

 経営者自らが損失隠しをしたオリンパスを擁護するつもりはまったくない。オリンパスについては今後、東京地検特捜部や警視庁などが本格捜査に乗り出すようだ。株主や取引先、従業員を欺いた経営陣は厳しく断罪されるべきだと考えている。また、日本企業はオリンパス問題を契機に企業統治について真剣に考えるべきだろう。

 12月5日号の日経ビジネス「直言極言」で、さわかみ投信の澤上篤人会長は社名こそ伏せたものの、オリンパスの損失隠しを厳しく指弾した。このコラムの定期執筆者である澤上氏は普段、日本企業を徹底的に応援する原稿を書く。その澤上氏が怒りを露わに原稿を書いたことが意外だった。

 さらに意外だったのは、文章の末尾を「これは日本だけでなく世界中の企業に課されているテーマである」という一文で締めたことだ。欧州の投資会社に勤務したこともある澤上氏であれば、「日本が問われている」と来るかと思っていたのだが、そうではなかった。2000年代前半に粉飾決算や不正経理が明らかになって破綻した米エンロンや米ワールドコムの例を挙げて、「(欧米も)似たり寄ったり」と澤上氏は言う。

コメント19件コメント/レビュー

やっぱり問われている。東証がいったいどういう理屈でこの問題企業を「上場を維持する」説明するのか注目されているとおもいますよ。ライブドア事件とこのオリンパス問題を比較すれば、日本特殊論は正当性があるとおもえますが。金融庁・證券取引等監視委員会・マスコミ・取締機関みんなダブルスタンダードですね。(2011/12/15)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「「オリンパス問題で日本社会が問われている」の違和感」の著者

小平 和良

小平 和良(こだいら・かずよし)

日経ビジネス上海支局長

大学卒業後、通信社などでの勤務を経て2000年に日経BP社入社。自動車業界や金融業界を担当した後、2006年に日本経済新聞社消費産業部に出向。2009年に日経BP社に復帰。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

やっぱり問われている。東証がいったいどういう理屈でこの問題企業を「上場を維持する」説明するのか注目されているとおもいますよ。ライブドア事件とこのオリンパス問題を比較すれば、日本特殊論は正当性があるとおもえますが。金融庁・證券取引等監視委員会・マスコミ・取締機関みんなダブルスタンダードですね。(2011/12/15)

アメリカン航空が計画倒産だというなら、経営者が経営責任をどう果たそうとしているかという視点の報道をしてほしいです。日本のマスコミは大企業や世間の評判で報道姿勢をかえるところが、不公平ですね。ホリエモンとライブドアの時と今回のオリンパス問題の報道姿勢の違いはあんまりだと感じる。そのあたりも海外メディアに叩かれてる理由の一つだと感じる。(2011/12/13)

旬な話題ではあるが、短文、しかも新たな切り口でなるほどと思わされた(2011/12/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員