• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

年金制度に反対し、天下りを拒絶した元官僚が遺したもの

「情報化社会の影」を予見した時代の先駆者、林雄二郎さんを追悼する

2012年1月11日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 敗戦の焼跡の中から日本社会、日本産業の未来のビジョンを描き、「情報化社会」という言葉を発明し、企業の社会貢献である財団活動、フィランソロピー活動の発展に大きく寄与した林雄二郎さんが、11月29日に亡くなられた。95歳の大往生である。

 林さんは、絶えず社会の最前線に自分を置き、現場で起きている様々な事象に心を集め、不正義や硬直した組織を嫌い、優しい笑顔で人と接していた。膨大な知識と、独自の経験と思考による知恵は失われたが、彼の想いと意志は、ますます混乱を極めている日本社会において、引き継ぐべき財産だと思う。

 林さんは戦争終結の後、戦後の日本社会を再スタートするシンクタンクであった経済安定本部(通称・アンポン)に入り官僚生活を始める。アンポンはやがて経済企画庁になり、1966年、日本の未来の見取り図となる「20年後の豊かな日本への一つのビジョン」(通称「林リポート」)を発行する。このリポートのスタッフには、下河辺淳氏や宮崎勇氏など、現在の日本社会の形成に大きな影響を与えた人たちがいた。

 林リポートをまとめるために、梅棹忠夫、小松左京、加藤秀俊氏、川添登氏らに会った。在野の知識人たちは、官僚である林さんが訪ねてくるというので、どうやっていじめてやろうかと手ぐすねをひいていたところ、林さんの発想があまりに柔軟で、自分たちよりも激しく官僚制度を批判したりするので、すっかり意気投合し、その後、この5人のメンバーは、日本の未来を語り合う「貝食う会」という勉強会を定期的に関西で行っていた。

日本の年金制度に反対の意見書

 林さんがまだ若い官僚であった時に、日本の年金制度をどうするかという問題が立ち上がり、フランスの年金制度を調査視察することになった。パリの小さな公園で、フランス人の老人からこう言われた。「私は、年金で生活しているから生活には困らない。だけどな、君のような若者には分からないだろうけど、社会に自分が必要とされていないと思いながら生きるということが、どれだけ辛いことか」と。

 その言葉に衝撃を受けた林さんは、帰国後、年金制度に反対の意見書を書いた。老後をお金だけで保証しようとする制度は、社会を不安定にする、と。日本は、本来、相互扶助の社会であり、親子祖父母の家族関係が緊密である。それを年金の形で社会が老後を保証したら、その家族秩序が壊れてしまうと林さんは危惧したのだろう。

 しかし、欧米型年金制度に走っている大蔵省(当時)は聞く耳を持たなかった。「それでは、林くんは、どうしたら良いと思っているのだ」と問いかけてきた。林さんは、しばらくしてある提案書を出した。それは「逆定年制」というものである。

 通常、企業組織では、従業員がある年齢になったら「定年」として会社を辞めてもらい、退職金を支払う。これを逆にして、ある年齢に達しないと仕事につけない業種を国が決めるというものである。若くても老いても出来る仕事は、若い人ではなくて老人に譲れば、年金制度がなくても老人は生きていける。もちろん、病気や怪我などで思うように働けない老人は年金とは別に保証する。

 しかし、この案は、大蔵省の役人に「書生論」として笑われて捨てられた。林さんのような、想いのあるビジョンを描く人は、当時も現在も官僚組織の中にはいないのだろう。

コメント6件コメント/レビュー

発想は判るが「浮世系と浮世離れ系」の名称はいただけない。私なら「目先系と将来系」かな。◆逆定年制には反対。加齢に伴って着任できる仕事、というのは現状の定年制(加齢に伴ってクビ)を並列導入しなければ老害の拡大再生産にしかならない。段位制の方がマシでしょう。現在の米軍は、昇格にはドラクエの経験値みたいな制度(前線に行けば××点、何かをすれば○○点、…というような。)が並列採用されているという話を聞いたことはありませんか?(2012/01/12)

「橘川幸夫の オレに言わせれば!」のバックナンバー

一覧

「年金制度に反対し、天下りを拒絶した元官僚が遺したもの」の著者

橘川 幸夫

橘川 幸夫(きつかわ・ゆきお)

デジタルメディア研究所代表

1972年、音楽雑誌「ロッキングオン」創刊。78年、全面投稿雑誌「ポンプ」を創刊。その後も、さまざまな参加型メディア開発を行う。現在、阿佐ケ谷アニメストリート商店会会長、未来学会理事などを勤める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

発想は判るが「浮世系と浮世離れ系」の名称はいただけない。私なら「目先系と将来系」かな。◆逆定年制には反対。加齢に伴って着任できる仕事、というのは現状の定年制(加齢に伴ってクビ)を並列導入しなければ老害の拡大再生産にしかならない。段位制の方がマシでしょう。現在の米軍は、昇格にはドラクエの経験値みたいな制度(前線に行けば××点、何かをすれば○○点、…というような。)が並列採用されているという話を聞いたことはありませんか?(2012/01/12)

■学問を浮世系と浮世離れ系に分けるのは難しいです。 ■2つの系は互いに絡まっているし、おなじ学問の中、例えば工学部でも、基礎研究と応用工学があり、応用工学の中にも浮世系と浮世離れ系があるし。 ■でも、発想は面白いです。参考になりました。(迷亭寒月)(2012/01/11)

優れた能力を持つ官僚が実力を発揮できる組織に自己改革できる公務員制度・組織にする仕組みが制度組織に組み込まれる必要が感じられる。元官僚で外部から官僚組織を変革していこうとする取り組みがあると思いますが、成果が出ていない印象です。政治家は、超党派でこのような取り組みが成果を出せるよう協働・支援して実現すべきと思います。(2012/01/11)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長