• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日本国債が売れなくなる日

「2015年、経常収支まで赤字になる」

  • 市村 孝二巳

バックナンバー

2012年1月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 財務省が25日発表した2011年の貿易統計で、日本の貿易収支が2兆4927億円の輸入超過となり、31年ぶりの赤字に転落したことが明らかになった。2月8日に財務省が発表する2011年の国際収支統計でも貿易赤字となる見通しで、国際収支ベースでは1963年以来約50年ぶりだという。

 輸出は前年比2.7%減の65兆5547億円。1ドル=70円台の超円高によって日本の輸出競争力は大きく減殺されている。東日本大震災やタイの大洪水で製造業のサプライチェーンが寸断されてしまったという供給面の制約に加え、欧州の政府債務危機、さらには新興国の景気減速によって、世界経済が再びリーマンショック以来の危機に陥りかねない状況にあるという需要面の悪影響が重なった。

 一方、輸入は12%増の68兆474億円。東京電力福島第1原子力発電所事故をきっかけに全国各地の原発が操業停止を余儀なくされ、これを代替する電力源として火力発電所の焚き増しに必要な液化天然ガス(LNG)の需要が急増した影響が大きい。

 こうして貿易赤字転落の原因を点検すると、震災の影響に伴う一時的な要因が大きく、2012年は復興需要に支えられた日本経済の復活が待ち望まれるところだ。

「貿易収支改善への逆風続く」

 しかし一方で、貿易収支にとっては逆風となる環境が続きそうなことも事実。欧州債務危機はなお抜本的な解決からはほど遠く、今年の世界景気と日本の輸出は米国、そして中国をはじめとする新興国がどこまで復調するかにかかっている。長引く円高に耐えかねた日本企業は雪崩を打つように海外でのM&A(合併・買収)に動いており、国内産業の空洞化が進めば、輸出すべき製品さえ消えてしまうとの懸念が広がる。

 輸入面では、4月には全基停止となる定期検査中の原発の再稼働は当面難しく、LNGの輸入増も続きそうだ。イランの核開発疑惑に対する制裁強化策として日米欧がイラン産原油の禁輸措置に踏み切り、イランがホルムズ海峡封鎖を示唆するなど、中東情勢の緊迫を背景に、原油などエネルギー価格は騰勢を強めている。日本の貿易収支が改善に向かうかは予断を許さないところだ。

コメント21件コメント/レビュー

確かに記事は煽っている様に感じるが、そもそも懸念が国家破綻を主軸にしているのだから、国家破綻回避をしたいという考えから見れば危機だろう。しかしそれに対するコメントを読めば、読者の方が覚悟が出来ているのかもしれない。私も日本が破綻しても問題ないと思う。なぜなら破綻によって今までの社会主義的政策はことごとく破滅し、真の資本主義国家に生まれ変わるチャンスだと見るからだ。国家破綻で困るのは年金がもらえなくなる老人と、医療介護が受けれなくなる弱者と、国家財政に巣食う何よりも国家破綻の元凶たる公務員や議員の皆様だけだからだ。日本の人口のうち、これらに当て嵌まるのは僅か「半分」に過ぎない。残りの半分の健全たるビジネスマンには何ら痛手など無い。(2012/02/13)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

確かに記事は煽っている様に感じるが、そもそも懸念が国家破綻を主軸にしているのだから、国家破綻回避をしたいという考えから見れば危機だろう。しかしそれに対するコメントを読めば、読者の方が覚悟が出来ているのかもしれない。私も日本が破綻しても問題ないと思う。なぜなら破綻によって今までの社会主義的政策はことごとく破滅し、真の資本主義国家に生まれ変わるチャンスだと見るからだ。国家破綻で困るのは年金がもらえなくなる老人と、医療介護が受けれなくなる弱者と、国家財政に巣食う何よりも国家破綻の元凶たる公務員や議員の皆様だけだからだ。日本の人口のうち、これらに当て嵌まるのは僅か「半分」に過ぎない。残りの半分の健全たるビジネスマンには何ら痛手など無い。(2012/02/13)

最後の文章が間違っているようなので修正しておきました。そして「日本の財政に破綻して欲しい」というシナリオに基づき、これまで幾度となく日本国債の売り仕掛けに挑戦し、そして国内勢の分厚い壁に惨めな敗北を繰り返してきたマクロファンドに、こう呼びかけている。「負けそうだけどもう一回やらないか?」と。(2012/02/13)

コメントの方へ>>1400兆円の個人資産云々といっても既に1000兆円は国債で使われて残り400兆円 回答:お金は使ってもなくなりません。国家全体の貸借対照表で考えましょう。ちなみにお金の量を増やした減らしたりは出来ます。本当に国債が売れなくなるのであれば、お金の量を増やせばいいだけです。その際のインフレ率が適度かどうかは問題だと思いますけど。>>国家が税収の二倍以上の歳出を続けられるわけがなく回答:まず、国家と政府は別のものです。また、企業も同様ですが永遠に政府が借入が出来るのであれば歳出を続ける事は可能です。それを可能にしている現在の日本経済の仕組みが妥当かどうかは分かりかねます。ただ政府債務の問題を論ずるときの指標とは国債の利回りにすべきだとは思いますけどね。(2012/02/01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

平等であることは人権でもあり、ビジネスの成功のカギでもある。

ヘレン・フォン・ライス イケア・ジャパン社長