• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「橋下・石原新党」説の虚実

政界のキーマン2人は国政の主役に躍り出るのか

2012年1月31日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 波乱必至の通常国会が幕を開けた。消費増税の関連法案は成立するのか、衆院解散・総選挙はあるのか――。永田町や霞が関界隈は、早くも緊迫した空気に包まれている。

 ここにきて、混迷政局のキーマンに浮上してきたのが、「バッジ」を付けていない2人。橋下徹・大阪市長と石原慎太郎・東京都知事だ。

 橋下氏が代表を務める地域政党「大阪維新の会」は、次期衆院選に全国規模で国政進出を狙う可能性を示唆。「橋下人気にあやかりたい」「敵に回したくない」といった思惑から、中央政界に乱気流を巻き起こしている。

 一方の石原氏も、たちあがれ日本の平沼赳夫代表らが結成を目指す保守新党への参画が取りざたされる。

共通項は「リーダーシップへの期待」

 2人に共通するのが、国民の間での高い人気とリーダーシップへの期待だ。

 例えば、産経新聞とFNNの合同世論調査では、「日本のリーダーとして最もふさわしい人は」との質問に対し、橋下氏が国会議員を差し置いて21.4%でトップ。2位は石原氏の9.6%だった。

 「民主党は期待外れ、揚げ足取りの野党の自民党もダメ。投票したい政党や国会議員がない」という無党派層を中心に期待値が高まっている構図だ。

上京して石原慎太郎氏と会談した橋下徹氏。2人がタッグを組む新党説も囁かれるが…(写真:時事通信)

 生き残りをかけた政治家の虚々実々の駆け引きの中で、2人を政界再編の核に、と目論む声が広がっている事情もある。両氏がタッグを組む「橋下・石原新党」説もまことしやかに囁かれている。

 果たして2人が手を結び、いきなり国政の主役に躍り出るような展開はあるのだろうか。

コメント5

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「「橋下・石原新党」説の虚実」の著者

安藤 毅

安藤 毅(あんどう・たけし)

日経ビジネス編集委員

日本経済新聞社で経済部、政治部などを経て2010年4月から日経ビジネス記者。2012年4月から現職。政治、経済政策を中心に執筆している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員