• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

決算ショック!もう「円高・海外需要減」を言い訳にするのはやめよう

「復興期待」以前に問われる生き残る力

2012年2月9日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 東日本大震災からあと1カ月程度で丸1年になる。未曾有の混乱で下振れした日本の景気は目先、復興需要による回復期待が根強い。だが、超円高や欧州・新興国の景気減速で落ち込む外需を補うには及ばず、今年前半の持ち直しは不透明だ。

 内閣府は来週13日、2011年10~12月期の実質GDP(国内総生産)を発表する。市場の予想では、2四半期ぶりのマイナス成長になりそうだ。日本経済新聞社グループのQUICKがまとめた市場予想の平均であるQUICKコンセンサスマクロによると、成長率は前期比0.4%減、年率換算で1.4%の減少が見込まれる。

 これは外需の下押し圧力がさらに強まったことが背景にある。1ドル=77円前後の円高が継続し、輸出企業は為替採算面で厳しい状況が続いている。財政危機が叫ばれて久しい欧州の需要も低迷。1月のユーロ圏の景況感指数は昨年12月まで10カ月連続で前月を下回っていた。1月は11カ月ぶりに前月比で上昇したが、戻りは鈍い。日本のエネルギー輸入の増加もあり、2011年の貿易収支は31年ぶりの赤字に転落した。

 景気を支える経済効果として、これまでのように外需に頼ることができない一方、大震災からの復興需要が一縷の望みとなっている現況は、足元でほぼ出揃った昨年10~12月期の企業決算にも映し出されている。会社が目標とする通期の業績見通しの水準に対し、直近の実績がどの程度まで達成できているかを示す進捗率を見るとわかりやすい。

企業決算、陸運業・食料品は好調

 SMBC日興証券は、東京証券取引所の株価指数であるTOPIX500を構成する企業について、発表ピーク日だった1月31日までで業種別に進捗率を集計した(下グラフ参照)。営業利益ベースでは、陸運業が97.5%と最も高かった。2番手は食料品の89.9%。分析を担当した同社株式調査部の伊藤桂一チーフクオンツアナリストは、「年末に物流が活発化しやすい季節要因はあるものの、震災の復興に伴い、食料品などの消費が東北地方で増えた」と解説する。

コメント8件コメント/レビュー

記事よりコメントの方が考察するに足る。一方的な持論展開でなく、観察、視点の基点を明確化しそれが当該テーマを論するに十分であるかを構築されたい。己の希望や願い予想や精神論などで展開する論述は素人でも見抜けます。今後に期待します。(2012/02/09)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「決算ショック!もう「円高・海外需要減」を言い訳にするのはやめよう」の著者

松村 伸二

松村 伸二(まつむら・しんじ)

前日経ビジネス副編集長

日刊紙の日本経済新聞、リアルタイム速報の日経QUICKニュース(NQN)、テレビの日経CNBC、週刊誌の「日経ビジネス」と、日経グループの様々な媒体を渡り歩き、マーケット記事を中心に情報発信を続ける。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

記事よりコメントの方が考察するに足る。一方的な持論展開でなく、観察、視点の基点を明確化しそれが当該テーマを論するに十分であるかを構築されたい。己の希望や願い予想や精神論などで展開する論述は素人でも見抜けます。今後に期待します。(2012/02/09)

3頁も使った割りに何を言いたいのか判らない記事。海外需要減は不況と共に円高要因が大きいです。一方企業業績が悪いのは震災影響、タイ問題によるサプライチェーンの分断、そして内需の冷え込みでしょう。で、この記事の結論は?問題提起も無い。この表題だと内需拡大への提言があるのかと思いきやそれも無し。問題は蛸の足食いのように労働者の賃金をケチって利益を出してきた大手企業と次世代の産業を育てなかった経産省・総務省と円高を放置した政府・日銀の為替の不手際ですよね。せめてソコは書いて欲しかった。手抜きにも程があります。(2012/02/09)

見識ある評論家には『日本の経済が再び浮揚するには、世界を牽引できる技術力を持つような強い企業が増えていく産業構造が求められる。』という抽象的な意見ではなく、より具体的な提言が望まれる。 多くの経営者が『世界を牽引できる技術力』の必要性は理解していると思う。 新しい技術は個人の頭の中で『ポッ!』と出てくる程度のものでなく、恐らくそれなりの開発投資を必要とするものが殆どかと思います。 軒並み大幅赤字決算の会社経営者に対して『更に借金してでも新技術を!』という事なのか。 残念乍ら多くの製造業に於いて、開発能力すら韓国や中国の会社に追い付かれ、エリアによっては追い越されている。 日本が今後伸ばすべき産業を具体的に経営者達にヒントを与えるべきではないか。 例えば『あなた方の硬直化した経営センスでは企業の発展を図る事は出来ないからそれが出来る人材を広く内外から求めるべきだ。』でも良い。 軒並み業績が落ち込んでいる日本の産業界でも売上げ/利益を伸ばしている会社もあるのだ。 その様な会社の経営者に不振に陥っている大会社の経営を委ねるのも良いだろう。 日本の経営トップを身近で見ている人達はもっと大胆な(動ける)提言をすべきではないでしょうか。(2012/02/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長