• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「1万ドルも払ってトラック2台分のゴミを買ったの!」

生き馬の目を抜く「クローズアウトビジネス」の実態

2012年2月9日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「お金いくらある?」。

 弊社のCEO(最高経営責任者)である主人が聞いてきた。商品の企画や営業は主人の得意とするところだが、はっきり言って金勘定は苦手だ。創業まもない頃から弊社の財布はCFO(最高財務責任者)である私がしっかり握っている。

 一体何を考えているのかと不安に思いながら返答した。

 「どうして?」。

 次に主人が発した言葉には驚いた。

 「トラック2台分の電化製品を1万ドルで買いたい」。

 トラック2台分で1万ドル。量のわりに安いのかもしれないが1万ドルを工面するのは簡単ではない。お金の都合がついたとしても、転売できる代物なのか。そもそも、なぜ単位が「トラック」なんだろう。

 疑いの目で主人を見つめるとCEOは自信たっぷりで次のように説明した。電子レンジからプリンター、DVDプレーヤーなどありとあらゆる電化製品がトラック2台に満載されている。これでたったの1万ドル。マーケティンググッズとしてカジノに転売すれば大儲け間違いなしだと。

 なぜそんなに安いのかと聞くと「クローズアウト商品だから」と言う。クローズアウト商品とは、過剰生産や過剰在庫を処分するため大幅に割引いて販売している商品を指す。会社や店舗の閉鎖に伴う在庫処分商品や、大手小売店で商品として展示した後に売れ残った商品(これをシェルフ・プルという)も含む。

 身内を誉めることになり恐縮だが、何かを思いついてプレゼンテーションしているときの主人の話は説得力がある。CEOがやりたいというのだからCFOとして応えないといけない。なんとか1万ドルを工面し、トラック2台分の電化製品を仕入れた。

 これが弊社のクローズアウトビジネスへの第一歩だった。2007年6月末のことである。結果からいうと、初回の仕入れは大失敗に終わる。

コメント2

「資本金ゼロで年商500万ドル」のバックナンバー

一覧

「「1万ドルも払ってトラック2台分のゴミを買ったの!」」の著者

上田 尊江

上田 尊江(うえだ・たかえ)

Artform LLC CFO

マネジメントコンサルタント、オンライン証券会社の創業、海外企業の日本参入支援など手がけた後、2006年より渡米、TransAction HoldingsおよびartformのCFO。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長