• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

今や「ユーロ」は第1次大戦後の「金」と同じ

危機回避策はインフレの導入で、世界は確実にそこへ向かう

  • クレム・チャンバース

バックナンバー

2012年2月10日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 父がコモディティー・トレーダーだったことから幼少の頃より投資に関心を持ち、投資に身を投じたという筆者。18歳以降はコンピューターゲームやオンラインゲームの開発に集中していたが、最近は英BBCや米CNBCのビジネスニュース番組に登場したり、英紙「ガーディアン」、米「フォーブス(電子版)」、中東最大の英字新聞「ガルフ・ニューズ」などに経済コラムを寄稿。大胆に世界経済の今を斬り、独自の視点で現在の情勢と今後の行方を分析することで知られる。

 第1回となる今回は、「ユーロはいわば第1次大戦後の金本位制だ」と断じる同氏から見るユーロ危機の解決策と、たとえ欧州危機を回避できても、世界経済が向かうインフレ時代突入のシナリオを披露してもらう。

 ユーロが現在、直面している問題は、ある意味、世界経済が第1次大戦後に金本位制を巡って悩んだ問題と同様である。

 脆弱な欧州経済は、いわば第1次大戦後の金本位制のもとに置かれた各国経済と同じ状況にある。ドイツが価値の下落を防ぐのに熱心な(いや、熱心「だった」と言うべきかもしれない)ユーロは、まさにかつての金のような存在となっている。経済危機に直面している欧州各国は、自らの紙幣を印刷することもできないからだ。

何故、英国は「トリプルA」の格付けを維持できているのか

 第1次大戦後、金本位制が世界経済を不況に追い込んだように、ユーロが欧州各国を今、不況に陥れようとしている*1

*1:第1次世界大戦後当時の世界経済は金本位制をとっており、各国は自国が保有する金の保有量に応じてしか自国通貨を発行できなかった。不況に直面した国の多くは、金本位制から離脱し、自国紙幣を大量に刷り、自国通貨を切り下げ、輸出競争力を高めることで経済の回復を図ろうとした。現在のユーロ圏諸国は、もはや自国通貨を持たないため、通貨供給量を増やして、自国通貨の切り下げによる経済回復の道を追求することが出来ないという意味で、筆者は現時点のユーロ危機と第1次大戦後の経済危機は似ているとの指摘だ。

 ユーロは「紙」だ。金の供給を増やすには造幣機のスイッチを入れるよりはるかに労力を要するが、ユーロの供給を増やすには、ドイツを説得し、欧州全体で造幣機のスイッチを入れさせればそれで解決する。

 ユーロが導入される以前の欧州であれば、今回のような危機は発生しなかった。各国が、自国の競争力を回復させるべく、自国の通貨供給を増やすことで自国通貨を切り下げ、負債を返済できる程度のインフレを導入すればすんだからだ。

 現在、英国が取っている政策がまさにこれで、英国の国債が依然として最高格付けである「トリプルA」を維持できている理由はまさにここにある。英国が債務不履行(デフォルト)を起こすことはない。デフォルトのリスクを避けるべく、ポンド紙幣を増刷させすればすむからだ*2

*2:実際、英国の消費者物価上昇率は昨年12月、年率で4.2%を記録。11月の同4.8%から低下したものの、英国中央銀であるイングランド銀行が目標とする2%を大きく上回っている。このインフレは、「英政府は決して口にこそしないが、意図的に誘導されているものだ」というのがクレム氏のかねての主張だ。

 英国のデフォルト回避のための準備は万端だ。新札を増発し、債券を所有者から買い戻すという、綱渡り的な発想は極めて有効であり、英国をイタリアやスペイン、アイルランド、ギリシャといったひどい苦境に直面している国と区別している。

 つまり、今の欧州の危機を解決するには、まずドイツをこのインフレ政策に参加させることだ。公的な場ではいろいろな議論が出ているが、この「インフレ策導入」という政策を巡る取引は既に終了しているようだ。それは、突然のユーロ安が物語っている。ユーロが前述した「金本位的通貨」から「通常の通貨」に移行したということで、これはドイツが造幣機を回すことを許したことを意味する。

 ドイツの同意が本当であれば、欧州連合(EU)及びユーロが世界経済の足を引っ張るというユーロ危機のシナリオは終わったと判断できるだろう。

コメント6件コメント/レビュー

筆者のご意見に納得します。多分これからしばらくは世界は通貨の価値下落によるインフレに苦しみ、なかなか不況から抜き出ることができないように感じます。日本円が高くなっているのは、ドルとユーロの価値が下がってきているのであって、決して日本の経済が強くなっている訳ではありませんが、欧米にならって自国の通貨を大量に発行して意図的に円の価値を下げることは、何か非常に危険な行為だと思います。日本はこの時期を円高のままで耐えていれば、国内企業に円高にも耐える力が付き、将来世界の景気が回復した時に大きく躍進できるような気がします。もし、日本もインフレ政策を取るようになれば、その時は「金」を買って資産として保有するしかないでしょうねえ。日本もどんどん目減りしていく外貨準備を少し取り崩して、円高のうちに大量の金を保有すれば、将来の長引く世界的な不況にも巻き込まれないですむと思うのですが。(2012/02/10)

「英国人投資家クレム・チェンバースの世界経済斜め読み」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

筆者のご意見に納得します。多分これからしばらくは世界は通貨の価値下落によるインフレに苦しみ、なかなか不況から抜き出ることができないように感じます。日本円が高くなっているのは、ドルとユーロの価値が下がってきているのであって、決して日本の経済が強くなっている訳ではありませんが、欧米にならって自国の通貨を大量に発行して意図的に円の価値を下げることは、何か非常に危険な行為だと思います。日本はこの時期を円高のままで耐えていれば、国内企業に円高にも耐える力が付き、将来世界の景気が回復した時に大きく躍進できるような気がします。もし、日本もインフレ政策を取るようになれば、その時は「金」を買って資産として保有するしかないでしょうねえ。日本もどんどん目減りしていく外貨準備を少し取り崩して、円高のうちに大量の金を保有すれば、将来の長引く世界的な不況にも巻き込まれないですむと思うのですが。(2012/02/10)

いずれの資本主義国家も一度は拡大の過程を経て、収縮へ向かうというのが定めだというだけではないのだろうか。有史以来あらゆる国家が勃興~発展~繁栄~没落と言うサイクルを繰り返していることは明らかだ。今世界に起きているのも、各地域、各国においてその時間的なずれがあるにしろ同じサイクルをなぞっているだけだろう。没落期にある老衰した国々がとるべきは遅れて発展しつつある国々から富を奪う手段を巡らせることではなく、消滅の前に新たな再出発の方法を見つけることだろう。(2012/02/10)

私は超円高の日本こそ日本銀行券をどんどん発行し、将来の為の買物(海外有力企業のM&A、資源、等々)を目一杯行い、人為的にインフレの方向に持って行くべきだと思う。 莫大な借金を返済するにも、インフレの方が楽にはなるし、後年度の年金負担も楽になる。 但し、借金をし続ける体質を改善してからでないと新規借金(主に国債)の利息が高くなり、利払いが増えてしまう。 現在政府が着手している『税と社会保障の一体改革』を大至急、徹底的に行い、それと合わせてインフレを進行させる。 これは既に高い年金を貰っている世代と、若い世代との社会保障の不公平の是正にも効果がある。 日本は円高対策でドルを買い支えたりする様な無駄遣いをしないで、円高のメリットを使い切るべきだ。 増刷した円が供給過剰状態になれば円安とインフレが同時に動き始める。 (2012/02/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長