• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

大繁盛、ペット葬儀ビジネスの内側

軽トラ業者に託されたワンチャンはどう火葬される?

2012年2月20日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先日、記者の知人の老犬が息を引き取った。知人宅は比較的大きな一軒家だが、折りしも建て替え工事中のため、遺体を庭に埋める訳にもいかない。家族のように可愛がった犬だ。愛着がある。夜になるのを見計らって近くの河川敷に埋めにいく、なんてとんでもない。ペットの埋葬業者もインターネットなどで虱潰しに調べた――。

 内閣府の調査(2010年)によると、自宅でペットを飼育している家庭は34.3%。この数字は、1970年代からほぼ横ばいで推移している。それに対して、ペット関連の消費は右肩上がりだ。ペット1匹当たりの年間支出は、95年が約1万1000円だったのに対し、2009年には約1万8000円と大きく増加している(総務省統計局調べ)。ちなみに50代の世帯での支出は約2万9000円にも上る。子育てが終わった後の団塊世代のペット志向の高さを表しているのだろうか。

 この数字の裏にはペットの「家族化」がありそうだ。ひと昔前までは、例えば犬は、庭の小屋で暮らしていた。それが近年、家の中に入ってきて、人間と寝食を共にするようになり、ペットが「ウチの子」になったのだ。

 この「ウチの子」現象が原因で、ある業種が活性化している。ペット埋葬業である。

コメント0

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「大繁盛、ペット葬儀ビジネスの内側」の著者

鵜飼 秀徳

鵜飼 秀徳(うかい・ひでのり)

日経おとなのOFF副編集長、浄土宗僧侶

京都市景観市民会議委員(2016年)、佛教文化学会会員。 1974年生まれ。成城大学文芸学部卒業後、報知新聞社へ入社。2005年日経BP社に入社。日経ビジネス記者などを歴任。2016年4月より日経おとなのOFF副編集長。浄土宗僧侶の顔も持つ。正覚寺副住職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手