• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「就活」は社長にとっても大変なんです

2012年2月28日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2013年度の新卒採用戦線はいままさにまっただ中、新卒の学生の皆さんは説明会に面接ラッシュだと思います。

 就職活動は学生の苦労ばかりフィーチャーされますが、実は、企業経営者にとっても悩みタネです。どうすれば、優秀な学生たちに私どもの考えを正確に知らせることができるか、毎年毎年いろいろ考えているのです。

 そこで、「カヤック風、2013年度新卒学生向けの会社説明会」について、ちょっと説明させて下さい。

まずは・・・

 鹿児島から札幌まで「説明会バス」で全国巡業!『旅する会社説明会

何をするかというと、バスをオリジナルラッピングして日本縦断して走らせます。17都道府県の地点にてバスを停車、学生の皆さんを乗せてバス車内で説明会をおこなうという企画です。香川の讃岐うどんの名店など、普通なら会社説明会を行わない場所でも実施予定です。
 2013年度のカヤックの採用活動テーマは「節就」。

 学生の皆さんにはお金と時間を節約して学業やものづくりに打ち込んでもらいたいと考えて連弾でキャンペーンを実施しています。

[第一弾] 他社の履歴書でもOK!合格可能性を事前判定

 受験の模試のように、カヤックへの合格可能性を事前に判定するサービスを実施。判定時に提出するのは、他社の履歴書でもOKとしています。

[第二弾] 世界最速!3秒エントリー!「ワンクリック採用」

 履歴書もエントリーシートも必要なし。FacebookやGitHub(エンジニア向けSNS)、Flickr(画像共有サイト)のアカウントがあれば、ワンクリックで書類選考に応募できます。書類選考は、各サイトでの応募者の活動履歴を参考に実施します。

 そして、[第三弾] がこの「旅する会社説明会」です。つまり僕たちが出向くことで、説明会への参加の時間とお金を節約してもらおうという企画です。

 冒頭はかなり宣伝っぽくなってしまいましたが、なぜ僕たちがこのような採用キャンペーンをうちたてるかについて書きたいと思います。

 ここ最近のIT業界、中でもSNS、スマートフォンアプリ、ソーシャルゲーム業界における各社の採用合戦は本当に熾烈になってきています。

 業界にいる企業は、自社の成長とリスクの大きな要因として採用をあげます。採用が順調にいけば成長も見越せるし、採用が順調でなければ成長しないということです。この字面だけを見れば極めて当たり前のことを言っているようです。企業活動においては最も大事な資産は人だと言われていますからね。

 ですが、過去と現在において人の価値に関して何が違うかというと、人材の即戦力化へのリードタイムが非常に短いということです。

コメント0

「ビジネスという“奇妙な冒険”」のバックナンバー

一覧

「「就活」は社長にとっても大変なんです」の著者

柳澤 大輔

柳澤 大輔(やなさわ・だいすけ)

面白法人カヤック代表取締役

1998年、学生時代の友人と共に面白法人カヤックを設立。数千~数万人規模のネットサービスを幅広く展開。ユニークな人事制度や、ワークスタイルなど、制度面も実験中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授