• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

これがスティーブ・ジョブズ直筆の商談メモ

~3つの単語で語る「ベンチャーの極意」

  • 曽我 弘,能登 左知

バックナンバー

2012年2月22日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 まずはこのメモ書きを見てください。

 これはスティーブ・ジョブズ氏の直筆による商談メモです。ここには2つのことが書いてあります。  1つは会社の売却額、もう1つは"Tonight, Sign, Lockup”との走り書き。「今夜、サインして、決定」という即断即決の意味。これでもう鍵をかけたから、これ以上の変更なしという約束を、この3単語で書き表しています。

 この会議には、ジョブズ氏と(この「KAPION」のコラムを一緒に書いている)曽我弘さん以外、誰も同席しなかったので、このように合意したら、反対者はいません。決断結果がうまく行かなければ、お互い当事者側の責任を取る、それだけのことで、誰かに責任を押しつけることはできない--これがCEOの仕事で、これ以上簡潔なルールはありません。

 あとは弁護士が関係者を含めてちゃんと詳細を詰めていくという作業の流れになります。この数行のメモに基づいて、弁護士は500ページ以上の書類を作るというのも驚きです。この2カ月に及ぶプロセスに最後まで付き合ったことは、今となっては曽我さんにとって大変貴重な経験だったと言います。

 この商談メモから、ジョブズ氏が世に生み出したiPadやiPhoneなどの製品と一貫したものが見えてきます。目的を決めたらそれに向かって最短で到達するようにことを運ぶ。CEOとして自分で判断し自分で責任をとりながら一切の無駄を省いて進む。一番彼が重視しているのがスピードで、重要なビジネス判断だけをどんどん進めて、その結果には自ら責任を取るというルールでデザイン、開発、販売、ブランディングのやり方も含めて、全て自分で決めて突き進むのが「ジョブズ流」なのです。

 そのジョブズ氏の商談メモから、私たちは3つのヒントを学ぶことができます。

何十億円の企業売却が3日で決まる

 さて、このメモは前回もお話ししたように、曽我さんとジョブズ氏の二人だけで企業売却の商談をした時に、ジョブズ氏が目の前でメモを書き、その結果を最後に曽我さんに手渡したものです。

 ジョブズ氏が欲しがった、曽我さんの会社はSpruce Technologies, Inc.というベンチャーです。曽我さんがアメリカ人(VPエンジニアリング)とドイツ人(CTO)の3人で、1996年にゼロから立ち上げ、映画からDVDを製作するためのオーサリングシステム開発をしていました。設立から4年半で約90人の従業員、約1500万ドル(期の半ばなので推定)を売り上げるまでに成長しました。

 当時DVDを製作していた見込み顧客であったTime Warner社に何度もヒアリングを重ね、システムダウンしないシステムの信頼性と徹底的に使いやすいGUI(graphic user interface)を開発したのです。

コメント1件コメント/レビュー

スティーブジョブズがスゴいのは誰しもが認めることだが、彼のやり方を解析し、「こうしましょう!」と言ったところで、はたしてどれほどの日本企業や経営者にそれができるのか。自分らに有利な既得権益や古くさい体質を残したまま「これからはグローバル化の時代だ」と連呼するような人たちでは、おそらくジョブズ流も言葉を真似するだけで、実が伴わないことになると思う。そしてその責任を市場の縮小化や、若者のナントカ離れ、あるいは若者の能力不足などと言って他者に押し付けそうな気がする。そしてそれでも日本でiPhoneが売れたように、日本企業の間抜けさをせせら笑いながら、外国製品が流れ込んでくることだろう。(2012/02/22)

「KAPION(カピオン)~投資を引き出す計画の作り方」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

スティーブジョブズがスゴいのは誰しもが認めることだが、彼のやり方を解析し、「こうしましょう!」と言ったところで、はたしてどれほどの日本企業や経営者にそれができるのか。自分らに有利な既得権益や古くさい体質を残したまま「これからはグローバル化の時代だ」と連呼するような人たちでは、おそらくジョブズ流も言葉を真似するだけで、実が伴わないことになると思う。そしてその責任を市場の縮小化や、若者のナントカ離れ、あるいは若者の能力不足などと言って他者に押し付けそうな気がする。そしてそれでも日本でiPhoneが売れたように、日本企業の間抜けさをせせら笑いながら、外国製品が流れ込んでくることだろう。(2012/02/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長