• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

経営者が本気でワクワクしなければ組織は動かない

学生時代に1万人を動員した組織論の原点

  • 渡邉 美樹

バックナンバー

2012年3月5日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回に引き続き、「組織戦略/人材戦略」をお話します。今回はまず、ワタミグループの社員アンケートについて紹介しましょう。

ワタミで働いて、あなたは幸せですか

 ワタミグループでは四半期ごとに年4回、5500人の社員にアンケートを実施しています。これは単なるアンケートではありません。「この会社で働いて、あなたは幸せですか」という問いかけなんです。それを18の質問に分けて聞いています。

 「この会社は社員が幸せになるためにあるのですよ」「まず社員が幸せにならなければならないのですよ」と、私はいつも言っています。社員が幸せでなければ会社など存在する価値がないと考えているからです。最も重要な質問項目をいくつか選んで、最新の結果とともに具体的に紹介していきましょう。

 最初の質問は、「目標、夢達成に向けて日々計画的に取り組んでいるか」です。夢の達成に向けて取り組んでいない人は、幸せではないと私は思っています。ですから社員には取り組んでいてほしいのです。「ハイ」と答えた人の割合が80%くらいに達してほしいですね。しかし実際は60%でした。

 続いての質問は、「手帳を有効に活用できているか」です。実はすべてのアンケート項目の中で、この項目が一番低いです。結果は40%。やはり厳しいのでしょう。毎日お店に出て、介護ホームで働いて、忙しい業務の中で日記まで書かなければならないので、毎日毎日、手帳を書き続けるのは難しいのでしょう。去年は28%でした。一生懸命に社員研修を開いて40%まで上げました。これから、どんどん上げていかなければならないと思っています。

 そして次は、「『ありがとう』を頂ける仕事ができてうれしいと感じているか」。何%が「ハイ」と答えていると思いますか。なんと92%です。ここはワタミで働く社員全員のベースです。「ありがとう」をもらうことが嬉しいという人間が集まっているのです。

 次に「ワタミグループで働く中で自分の存在感を実感できているか」です。「私なんかいなくてもいい」「私なんか必要ない」と思ったら幸せではありません。特に5500人もいる会社では、自分一人いなくてもいいと思ったら、働くことがつらいと思います。やはり「私がいるから」という気持ちはすごく大事ではないでしょうか。結果は75%です。非常に高いですね。

コメント0

「渡邉美樹 夢を語る経営勉強会」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック