• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

立ち止まることは現状維持ではなく転落の始まり

チャレンジして失敗する従業員たちが会社を伸ばす

  • 井上 英明

バックナンバー

2012年3月2日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 前回は、青山フラワーマーケットを主力事業とするパーク・コーポレーションという会社の骨格を形成している「5つの資産」を説明した。

 企業の資産は、現金・預金、売掛金、在庫、土地、建物など財務諸表に記載されるものだけでなく、従業員や顧客など財務諸表に記載されないものも含まれる。当社の場合は、財務諸表に記載される資産として(1)Finance(ファイナンス=業績)と(2)Shop(ショップ=店舗)、財務諸表に記載されない資産として(3)Spirits(スピリッツ=さまざまな想い)、(4)Partner(パートナー=仲間)、(5)Customer(カスタマー=顧客)の5つ資産がある。

 そして、「スピリッツ→パートナー→ショップ→カスタマー→ファイナンス」とサイクルを繰り返しながら、会社やそこで働いている従業員が成長して大きくなっていくというイメージを表現した逆円錐形の立体図を示した。想いが強くなれば、それを共有して一緒に実現しようとする仲間として従業員や社外の育種家、花の生産者の方々が集まり、店舗も拡充して、顧客も増える。その結果、業績も向上していくというわけだ。

 この成長のサイクルを立体的に表した図の起点であり、成長を支える土台の役目を果たすのが、スピリッツ=想いである。それはどのようなものなのか。今回は、当社の組織文化を形成してもいるさまざまな想いについて解説する。

ニューヨークのセントラルパークのような会社を作る

 まずは、パーク・コーポレーションという社名の由来にもなっている創業の想いについて語ろう。

 私は1987年に大学を卒業してすぐに渡米し、ニューヨークのパークアベニュー沿いにある会計事務所で働いた。パークアベニューは、大手企業の本社や高級ホテルが建ち並ぶ、マンハッタンの目抜き通りである。

 近くにはセントラルパークがあり、週末はよく園内でサイクリングをしたり散策をしたりした。周囲にはローラースケートをしたり、トランペットなどの楽器を演奏したり、絵を描いたりというように、それぞれのやり方で勝手気ままに時を過ごす人が集まっていた。

 ただし、1つだけ共通点があった。過ごし方はまちまちでも、みなが楽しそうな笑顔を浮かべていたのである。

 ところが、週末が明けて月曜日の朝に電車に乗ると、乗客たちは一様に楽しくなさそうな表情をしている。そうした光景を見て強く思った。「週末と変わらない楽しそうな笑顔で人生を送りたい」と。

コメント2件コメント/レビュー

産地もベクレル数もわからないから花が買えなくなった。。(2012/03/02)

「青山フラワーマーケット流 成長する経営」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

産地もベクレル数もわからないから花が買えなくなった。。(2012/03/02)

チャレンジし成長するためには、再チャレンジが可能でなければならない。これは、会社に限らず、いやそもそもビジネスに限らず、日本社会全体の問題であると思う。失敗した者には価値がない。起業に失敗した経歴があれば評価が下がる。いや、それ以前に再起不能な借金を抱えることになるかもしれない。転んだ人が掴んだものは社会に還元されない。それが日本社会の問題点である。(2012/03/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長