• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

サウジアラビアが石油輸入国になる日

急増する国内需要、「アラブの春」の余波も

  • 大場 紀章

バックナンバー

2012年3月12日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回の記事に対し、たくさんのコメントを頂きました。ありがとうございます。様々なご意見を頂きましたが、そうした声にこれから少しずつ答えていけたら良いと思います。

 初回という事で、まずは私の意見の大まかな部分を提示したくて、細部を端折りました。ただ、少なくとも、私がなぜ石油生産ピークを重視するのか、その妥当性についての説明と、原子力と再生可能エネルギーに対する考え方はいずれ示していかなければならないと感じています。そこまで連載が継続できるよう頑張ります。

 さて、今回はまた違った視点のお話です。

サウジの一人当たり石油消費量は日本の2.8倍

 「BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)などの新興国の石油需要が増加し・・・」などとよく言われますが、実際にはどの国の需要がどれくらい伸びているのでしょうか。まず、石油消費量の増加が最も大きい国は、皆さんご想像の通り中国が圧倒的です。

 しかし中国に次いで増加量が大きい国はBRICs諸国ではなく、意外にもサウジアラビアだったりします(図1)。しかも、人口13億人の中国、12億人のインド、1.9億人のブラジルに対し、サウジアラビアの人口は約2700万人に過ぎません。この増加分がいかに大きいかがわかると思います。

 サウジアラビアは既に、米中日印露、に次ぐ世界第6位の石油消費国ですが、一人当たりの石油消費量は15.5リットル/日と、アメリカの約1.6倍、日本の約2.8倍にもなります。意外にもサウジアラビアの人々がかなり大量の石油を消費しているということがわかります。


図2 一人・1日当たりの石油消費量の比較
EIA統計および各国人口統計から

コメント5件コメント/レビュー

この資料は2005年のものだろうか。横軸年がかなりずれている。図3の予測点線カーブにはかなり意図的なものを感じる。原子力は原油を必要としないのだろうか疑問を持つ。福島のような状態で廃棄物・貯留物・管理に使うエネルギーは石油でまかなっていると思う。これから数百年間現在使っている数百基の原発が廃炉された場合、原発管理に使われる石油は膨大だし石油がなくなって原発から出る放射性廃棄物が数百年たって管理できなくなるかも知れない。日本は60%を自前のガスや自然エネルギーで生産・生活できる国を目指すべき。原油が2倍3倍になればさらに日本の価値は上がる。(2012/04/06)

「「そもそも」から考えるエネルギー論」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この資料は2005年のものだろうか。横軸年がかなりずれている。図3の予測点線カーブにはかなり意図的なものを感じる。原子力は原油を必要としないのだろうか疑問を持つ。福島のような状態で廃棄物・貯留物・管理に使うエネルギーは石油でまかなっていると思う。これから数百年間現在使っている数百基の原発が廃炉された場合、原発管理に使われる石油は膨大だし石油がなくなって原発から出る放射性廃棄物が数百年たって管理できなくなるかも知れない。日本は60%を自前のガスや自然エネルギーで生産・生活できる国を目指すべき。原油が2倍3倍になればさらに日本の価値は上がる。(2012/04/06)

思わぬ所でまた(色々な意味での)危機の火種が眠っていたと感じる。サウジアラビアが国内抵抗を恐れて現行国策を維持し、赤字を隠し続ければギリシャのようになるのではないか。しかし赤字を減らす為に改革すれば大きな抵抗は避けられないだろう。エネルギーに乏しい日本はすぐにでも“次の一手”を考えなければ手遅れになると感じるが、今の国政に出来るのだろうか。日本の将来は不安ばかりが大きくなる。(2012/03/13)

この著者の論理は今回も説得性が無い。無理なこじ付けのように思う。 アメリカには石油はまだあるが、輸入して、自国の資源を保存する戦略である。 サウジも自国の埋蔵が少なくなれば輸入はあり得る。但しアメリカと違うのは石油、随伴ガス以外に大きな輸出産業が無く、サウジの富は石油輸出による。サウジも知恵はあるので、自国のために石油を値上げするとか、自国の石油を原料に高付加価値輸出商品を開発するとか、石油を節約するとか、サウジの宝である石油を最大限に有効利用するだろう。このことは既に始めている。 石油が無くなるまで使って、困って輸入を始めることは無い。(2012/03/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長